So-net無料ブログ作成
検索選択

愛国飛行場跡地 [├空港]

  2010年11月 訪問 

無題.png

香川県‎高松市‎にあった「愛国飛行場」。

現在は運転免許センター、自動車学校になっています。

図は飛行場だったであろう範囲。

ここは海に面しているのですが、港がないために漁業には恵まれない土地柄だったのだそうです。

そこを開発し、飛行場を建設したのでした。

 

D20_0157.jpg

運転免許センター。

 

愛国飛行場:map   


      香川県・愛国飛行場跡地     
昭和7年、軍部に飛行機を献納しようとする献金運動があり、「香川号」と名付けられた飛行機を献納しても,多くの残額が出ました。これが県下初の本格的飛行場「愛国飛行場」の建設につながったのだそうです。 また、軍用飛行場としての使用には無理があり,グライダーの訓練に使用されただけで,終戦を迎えたのだそうです

愛国飛行場 データ
設置管理者:旧陸軍
空港種別:滑空機訓練用飛行場
所在地:香川県‎高松市‎郷東町‎
面 積:23.2ha(拡張後)
滑走有効路:800m(拡張後)
座 標:N34°21′06″E134°01′05″
*座標はグーグルアースにて算出

沿革
1932年 この年の末、高松に飛行場を建設しようとする機運が生じる
1933年 6月、香東川川尻の地に建設決定。12月、飛行場と総合運動場の併設施設として設計し募金開始
1934年 3月、起工式。5月17日竣工。22日開場式。狭小のため1ヵ月余りで飛行場拡張の話が持ち上がる
       総合運動場断念
1937年 この年の秋張工事が県会で可決
1938年 9月、拡張工事に着手
1939年 9月、拡張工事完成。
1945年 終戦
1948年 グラウンド競馬場になるが後に廃止
1953年 競馬場跡地が県営自動車学校、自動車免許試験場となる

関連サイト:
愛国飛行場の完成  
国土地理院 1947年10月当時の写真(USA R517-4 50) (■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)   


コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

屋島飛行場跡地 [├空港]

  2010年11月 訪問 

2012/9/28追記:この記事は間違ってました。滑走路があったのは、屋島神社から真っ直ぐ南下する道とr155が交差する部分が滑走路の東端で、そこからr155を西へ進み、新川までの部分でした。後日再度お邪魔して修正致します。m(_ _)m

2014/8/28追記:再度お邪魔しました   

無題.png

香川県‎高松市にあった「屋島飛行場」。

「県道がかつての滑走路であった」。ということはいろいろなサイトに出ているのですが、

位置についてはなかなかはっきりせず、

「タダノの東」とか「屋島神社の参道と県道がクロスする箇所」という情報が出ています。

現地をお邪魔した時点では、おそらくここであろうと信じてA地点から東を向いて撮りましたが、

もしかしたら明後日写真という可能性もなきにしもあらずです。

 

D20_0155.jpg

A地点。

 

屋島飛行場:map   


      香川県・屋島飛行場跡地     
本土決戦用簡易飛行場だったようです

屋島飛行場 データ
設置管理者:旧陸軍
空港種別:陸上飛行場
所在地:香川県‎高松市‎屋島西町‎
座 標:N134°20′16″E134°06′25″
磁方位:07/25
*座標、磁方位はグーグルアースにて算出

沿革
1945年 春着工
       使用しないまま終戦

関連サイト: 
国土地理院 1947年10月当時の写真(USA  ) (■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)   


コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

呑んだ日 [■ブログ]

ということで近畿強化月間終了致しました。

お付き合い、ありがとうございました m(_ _)m

明日から七月末まで「四国強化月間」です。

 

先日名古屋に嫁いだ妹が1人で戻って来ましてた。

別に「実家に帰らせていただきますっ!」ってことじゃないですよ?

まぁ実家には帰ってきたんですけど。

それでみんなで呑みに行ったのでした。

その時の写真をずらずらと。

飛行場巡りに行くときは必ず持って行くのですが、このところとんと出番のないフィッシュアイを装着して出掛けました。

 

D20_0177.jpg

この日、当店はなぜかシャウエッセンを猛烈にプッシュしてました。

まずは生中とエダマメ。

飲み物の写真も何枚か撮ったのですが、ことごとく失敗してました。

ズームに慣れるとダメですね。これと下のはトリミングしてます。

 

D20_0178.jpg

タコとワサビが入っているやつ。

 

D20_0179.jpg

水菜と山芋がしゃくしゃくの美味しいサラダ

 

D20_0181.jpg

焼き鳥盛り合わせ。

 

D20_0189.jpg

東北応援メニュー」の油麩丼。

美味しかったです。

 

D20_0188.jpg

なんか焼き鳥。

 

早いもので、結婚してもう二年半になるのですが、「『新婚は二年まで』というのは真理だった」。

としみじみ語ってました。

名古屋から戻って来て、姉と二人でスタバでお茶して来たのだそうです。

「よくあんな注文の難しい店に入れるね~」

普段全く使わないややこしい横文字コトバがずらずらと並んでいる時点で、オイラにとっては十分威嚇なのです。

おまけに「トール」とか何とか難解なルールもあるし。

オイラは数年前に一度行って懲りたっきり、行ってません。

「そんなことないよ。商品名なんか読まなきゃいいじゃん」

「?? それでどうやって注文するの??」

妹・1「『何かおススメあります?』って聞けばいいんだよ。『それでは"ナントカカントカ"で如何でしょうか?』て勧めてくれるから」。

妹・2「私は『カフェ・ラテあります?』って言ったら、『それでは"ナントカカントカ"で宜しいでしょうか?』て勧められた」。

(@Д@) そ、そんな方法が!!

ブログを読んで下っている方からするとなんてことないことなんでしょうけど、

オイラにとっては逆立ちしても出てこない、目からウロコの発想でした。うーむ、すげー勉強になった。

そう言えばオイラのお得意先でも、上手にこちらに頼ってくるタイプのお客さんいるな~。

などと、居酒屋でスタバの入り方についてレクチャー受けたのでした。

 

おわし。


コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

川崎航空機明石(明石)飛行場跡地 [├空港]

  2010年11月 訪問 

D20_0131.jpg

兵庫県‎明石市‎川崎町‎にある「川崎重工明石工場」。

ジェットエンジン、ガスタービン等を製造しているそうです。

かつてここは「川崎航空機明石飛行場」でした。

当時の写真(下記リンク参照)を見るとここに飛行場があったのは間違いないのですが、

この飛行場については情報がほとんどなくて、詳しいことは不明です。

2012/1/14追記:コメントいただきました。滑走路は現存しており、バイクのテストコースになっているのだそうです。
詳しくは2012-01-04のコメントをご覧ください。 NO NAMEさんありがとうございましたm(_ _)m

 

明石飛行場:map   


      兵庫県・明石飛行場跡地      

明石飛行場 データ

空港種別:陸上飛行場
所在地:兵庫県‎明石市‎川崎町‎
座 標:N34°39′29″E134°57′43″
*座標はグーグルアースにて算出

関連サイト: 
国土地理院 1946年11月当時の写真(USA  ) (■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)   


コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

由良(○○、榎列)飛行場跡地 [├空港]

  2010年11月 訪問 

無題.jpg

兵庫県淡路島南部にあった「由良(○○)飛行場」。

陸軍の正式呼称は「由良飛行場」なのですが、地元の人々は軍機漏洩罪を恐れ、「○○(まるまる)」と呼んだそうです。

また、「榎列(えなみ)飛行場」とも呼ばれました。

資料によっては単に「軍機につき○○(まるまる)と呼んだ」とだけ記されています。

阪神地区の防空用戦闘機基地として建設されたのですが、1945年に入ってから実際に阪神地区の爆撃が始まった際、

空中退避や偽装網を掛けることに専念し、役に立たなかったのだそうです。

 

D20_0122.jpg

・A地点から滑走路方向。

 

由良(○○、榎列)飛行場:map   


      兵庫県・由良(○○、榎列)飛行場跡地     
横風用滑走路の計画もありましたが未完成だったようです。昭和20年11月から滑走路のコンクリートが堀りおこされ、水路の石積み代わりや橋として、また屋敷の擁壁などにも使用され現在もかなり残っているのだそうです

由良(○○、榎列)飛行場 データ
設置管理者:旧陸軍
空港種別:陸上飛行場
所在地:兵庫県‎南あわじ市‎松帆脇田‎
座 標:N34°19′08″E134°45′28″
面 積:180ha
滑走路:1,000m×30m(コンクリート)
磁方位:12/30
*座標、磁方位はグーグルアースにて算出

沿革
1943年 11月 陸軍から「三原平野に阪神防空用戦闘機基地として飛行場を建設するから協力せよ」との命令が下る
       関係戸数500戸、うち49戸立ち退き
1944年 04月 着工
       09月 一部使用開始
       11月 開隊式
1945年 07月 完成
1947年 この年以降飛行場跡は順次自作農の手に戻る

関連サイト:
淡路島近代化遺跡(16)    
鳴門要塞と福良の軍事記録   
国土地理院 1947年4月当時の写真(USA M264 69) (■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)   
この記事の資料: 三原郡史


コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新明和水上飛行場(旧川西水上飛行場) [├空港]

  2010年11月 訪問 

D20_0135.jpg

兵庫県‎神戸市‎東灘区‎、大阪湾の最奥に新明和甲南工場があります。

ここでは日本が世界に誇る水陸両用飛行艇、航空機部品を主に扱っており、

飛行艇用の水上飛行場があります。

当地は新明和の前身「川西水上飛行場」でもあります。

 

 D20_0137.jpg

現役のスリップ

残念ながらオイラがお邪魔した際飛行艇を見ることはできませんでした。

無計画にフラリと立ち寄っただけですので^^;

でも大丈夫!

普段大変お世話になっている「(有)オールドマンの旅行代理店」のoldman様が

ここからUS-2が入水するところを撮っておられ、リンク許可いただきました。

下記関連サイトに貼ってありますので興味のある方はご覧くださいませ。

oldman様どうもありがとうございましたm(_ _)m

 

新明和水上飛行場:map   


      兵庫県・新明和水上飛行場      

新明和水上飛行場 データ

設置管理者:新明和工業
空港種別:水上飛行場
所在地:兵庫県神戸市東灘区青木1-1-1
座 標:N34°42′56″E135°17′28″
*座標はグーグルアースにて算出

関連サイト:
(有)オールドマンの旅行代理店/ちょっとそこまで出かけてきました。     
新明和工業/航空機    
Wiki/川西航空機   
国土地理院 1947年8月当時の写真(USA M417 41) (■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)   


コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

鳴尾飛行場跡地 [├空港]

 2010年11月、2017年5月訪問 最終更新日:2017/6/8  

 

無題7.png
1947年8月当時の写真(USA M417 43) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック。) 
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成) 

兵庫県‎西宮市、甲子園球場のすぐ南側にあった「鳴尾飛行場」。

元々ここには明治40年完成の「鳴尾競馬場」がありました。

明治44年3月、アメリカ人マース氏が大阪城東練兵場にて、関西で初めてとなるカーチス式複葉機の飛行を披露しました。

そしてその1週間後、当競馬場でも妙技を披露したのでした。

大正2年5月には、米国帰りの武石氏によるデモ飛行も行われました。

そして大正3年6月、当競馬場にて日本初の民間飛行大会が開催されました。

競技の2日目は日曜だったこともあり、ナント27万という大観衆で埋め尽くされたのだそうです。

この大会では複数の日本人飛行家による飛行時間と高度が競われました。

民衆のヒコーキ熱は高まりを見せ、大正4年12月には第2回民間飛行大会、

大正5年1月にはアメリカ人ナイルス氏の宙返り飛行、

同年4月、大正6年5月にはアートスミス氏を招き、夜間飛行ショー等の飛行大会が行われました。

この飛行大会は大正6年までに8回開催されました。

「民間飛行発祥の地」とされる所以です。

そしてこの由緒正しい場所に戦時中、海軍の飛行場が建設されたのでした。

飛行場はX字の滑走路で、ご覧の通り南北の滑走路の南側は現在水没していますが、

干潮時には基礎部分が現れるのだそうです。

戻ってから知ったのでオイラは見てません。とほほ。

防衛研究所収蔵資料「海軍航空基地現状表 内地之部 大阪警備府航空基地現状表」
の中で、当飛行場について一部次のように記載がありました。

基地名:鳴尾 建設ノ年:1944 飛行場 長x幅 米:1200x100ノモノ2本 主要機隊数:小型2.0 主任務:作戦 隧道竝ニ地下施設:居住、指揮所、電信所、燃料庫、爆弾庫、工業場、倉庫、運搬路3.900米 掩体:分散 其ノ他記事:旧飛行機製作社施設

D20_0141.jpg

鳴尾浜公園

DSC_0069.jpg

武庫川女子大学附属中学・高校「芸術館」。

大学公式サイト(下記リンク参照)によりますと、この建物、元々は鳴尾競馬場本館部分だったのですが、

戦時中海軍が鳴尾飛行場の管制塔として使用しました。

戦後は1952年まで米軍基地の施設として使用されたのだそうです。

 

DSC_0075.jpg

東西方向の滑走路があった位置。

現在はご覧の通りで高層集合住宅が並んでいます。


      兵庫県・鳴尾飛行場跡地      

鳴尾飛行場 データ

設置管理者:旧海軍
空港種別:陸上飛行場
所在地:兵庫県‎西宮市‎枝川町
座 標:N34°42′40″E135°21′46″
面 積:126ha
滑走路:1,200m×100m2本(コンクリート) 「日本海軍航空史」(終戦時)より
磁方位:01/19,08/26
*座標、磁方位はグーグルアースにて算出

沿革
1943年10月 完成

関連サイト:
武庫川女子大学公式サイト  
Wiki/鳴尾飛行場   


コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

生駒山滑空場(奈良航空基地)跡地 [├空港]

  2010年11月 訪問 

D20_0149.jpg

奈良県生駒山上にある「スカイランドいこま」。

ここの駐車場部分はかつて「生駒山滑空場(奈良航空基地)」でした。

滑空場が完成したのは1941年のようですが、それ以前から当地では盛んに滑空が行われ、

数々の日本記録が樹立されました。

防衛研究所収蔵資料「海軍航空基地現状表 内地之部 大阪警備府航空基地現状表」
の中で、当飛行場について一部次のように記載がありました。

基地名:奈良 建設ノ年:1943 飛行場 長x幅 米:生駒山滑空場 旧民施設 主要機隊数:予科練習生 主任務:教育 隧道竝ニ地下施設:施設アルモ数量不明 其ノ他記事:旧天理教施設 生駒山陸?演習場

生駒山滑空場:map   


      奈良県・生駒山滑空場(奈良航空基地)跡地      

生駒山滑空場(奈良航空基地) データ

所在地:奈良県‎生駒市‎門前町‎
座 標:N34°40′53″E135°40′45″
*座標はグーグルアースにて算出

沿革
1936年01月 生駒山で9時間23分の滞空日本新記録
1941年     滑空場、航空道場完成

関連サイト:
Wiki/島本真     
国土地理院 1949年1月当時の写真(USA R548-No2 4) (■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)   


コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第二大和航空隊基地(阿太峯飛行場)跡地 [├空港]

  2010年11月 訪問 

無題.png

奈良県‎五條市‎、「長閑な山村」と表現したくなる場所に「第二大和航空隊基地(阿太峯飛行場)」がありました。

上の図は1947年当時の航空写真を元に作図しました(下記リンク参照)。 

滑走路両端の位置があまり自信ありません。 長さはこれで辻褄あってると思うのですが。。。

防衛研究所収蔵資料「海軍航空基地現状表 内地之部 大阪警備府航空基地現状表」
の中で、当飛行場について一部次のように記載がありました。

基地名:第二大和 建設ノ年:1945 飛行場 長x幅 米:600x30 主要機隊数:小型 主任務:退避

D20_0107.jpg

A地点。ここから図のB地点に向かって少し下り坂になっており、B地点からは一転緩い上り勾配です。

(こんな勾配がついててホンマに滑走路跡かいな??)などと思いながら撮りました。 

 

第二大和航空隊基地(阿太峯飛行場):map   


      奈良県・第二大和航空隊基地(阿太峯飛行場)跡地     
他サイト様を拝見すると(下記リンク参照)、中学生によるグライダー練習の他、特攻隊出撃計画があったようです

第二大和航空隊基地(阿太峯飛行場) データ
設置管理者:旧海軍
空港種別:秘匿飛行場
所在地:奈良県‎五條市‎大野新田町‎
座 標:N34°23′10″E135°44′41″
滑走路:600m×30m(600m×60mという説あり)
磁方位:01/19
*座標、磁方位はグーグルアースにて算出

沿革
1945年06月? 着工
      08月? 完成

関連サイト:
奈良県の戦跡   
国土地理院 1947年11月当時の写真(USA M661-1 184) (■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)   
(左上にうっすらと写ってます)


コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大和航空基地(柳本飛行場)跡地 [├空港]

  2010年11月 訪問 

無題.png

奈良県‎天理市‎にあった「大和航空基地(柳本飛行場)」。

終戦までに完成したのは図のほぼ南北になっているメインの一本のみで、

他は未完だったのだそうです。

防衛研究所収蔵資料「海軍航空基地現状表 内地之部 大阪警備府航空基地現状表」
の中で、当飛行場について一部次のように記載がありました。

基地名:大和 建設ノ年:1944 飛行場 長x幅 米:168.300㎡ノ内1.500x50コンクリート 主要機隊数:小型 主任務:教育作戦 隧道竝ニ地下施設:居住(2.500平米)((←2を消したように見えるので、500平米かも。)) 電信所、燃料庫、爆弾庫、魚雷調整場、魚雷格納庫、工業場、倉庫 掩体:小型有蓋18 其ノ他記事:飛行場、居住区間鉄道線路ヲ挟ミ約1.5粁
 

大本営では沖縄陥落後、米軍は九州・四国方面に侵攻してくると予測、九州での本土決戦に向け、

陸軍の航空総軍は決戦時には大阪府の八尾飛行場に司令部を、

海軍の海軍総隊は日吉台から司令部を大和航空隊基地に移そうとしていました。

日本の命運を賭けた最後の九州本土決戦で作戦士気を高めるため、大本営は天皇と共に関東からこの地への移転を計画。

陸海軍共同での総攻撃に際して、天皇自らの見送りによって戦闘意気を高めようとしたのではないかと思われています。

豊田山に天皇御座所が、竹ノ内の山裾に大本営が海軍によって計画され、豊田山には御座所となる地下壕が発見されています。

(「日本戦跡を歩く」より)

 

D20_0110.jpg

A地点。

この周辺に現存する掩体壕の基礎があると説明するサイトがあり、行ってみました。

多分コレだと思うのですが。。。

 

D20_0117.jpg

B地点。

これが当飛行場のメイン滑走路跡で、しかも舗装されていたのは中央部分のみだったそうです。

この道路はその中央部分。

 

D20_0123.jpg

C地点。

 

D20_0122.jpg

D地点。

どちらも防空壕だったそうです。

 

大和航空基地(柳本飛行場):map   


      奈良県・大和航空基地(柳本飛行場)跡地     
飛行場の説明板の他、掩体壕等の遺跡がいくつか現存するそうですが見つけられませんでした

大和航空基地(柳本飛行場) データ
設置管理者:旧海軍
空港種別:陸上飛行場
所在地:奈良県‎天理市‎岸田町‎
座 標:N34°34′01″E135°49′24″
面 積:300ha
滑走路:(メイン)1,500m×100m(舗装したのは中央の50m) 「日本海軍航空史」(終戦時)より
磁方位:16/34(メイン),14/32,10/28,09/27
*座標、磁方位はグーグルアースにて算出

沿革
1944年9月 着工
1945年2月 大和海軍航空隊開隊
      8月 メインの滑走路以外は未完のまま終戦

関連サイト:
国土地理院 1946年10月当時の写真(USA M275-A-8 90) (■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)   


コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー