So-net無料ブログ作成
検索選択

田中(十日町)飛行場 [├空港]

  2011年9月 訪問 

D20_0011.jpg

前記事の「伊達原飛行場跡地」の東北東約1.5kmにある「田中(十日町)飛行場」。

山の中の狭いガタガタ道の途中にあります。

看板等特にないので、見つけにくいです。

お邪魔した時には無人でした。

看板には「車やバイクの乗り入れは厳禁です」と書かれてました。

徒歩なら入ってもいいのだろうかと路面に凸凹をつけないように恐る恐る滑走路内へ。

 

D20_0006.jpg

よくこんな場所にこれだけ広大な滑走路が造れたものだと思いました。

開業医の田中医師が難しい用地交渉、環境交渉を乗り越えて、昭和50年頃にようやく完成した民間飛行場で、

いくつかのグループが利用しているのだそうです。

「田中飛行場」でヒットするサイトをいろいろ覗いてみると、以前は格納庫があったようですが、

お邪魔した時には発見できませんでした。

 

田中(十日町)飛行場:map  


      新潟県・田中(十日町)飛行場      

新潟県・田中(十日町)飛行場 データ

空港種別:場外離着陸場?
所在地:新潟県十日町市‎甲‎
座 標:N37°06′21″E138°45′53″
滑走路:600m×60m
磁方位:03/21
*座標、磁方位はグーグルアースにて算出

沿革
1975年頃 完成

関連サイト:
市報とおかまち (6Pに当飛行場関連記事)   
ブログ内関連記事       


コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

伊達原飛行場跡地 [├空港]

  2011年9月 訪問 

無題1.png

新潟県十日町市伊達原にあった「伊達原飛行場」。

旧海軍の秘匿飛行場で、「伊達原牧場」、「伊達原秘密航空基地」などとも呼ばれていたようです。

この飛行場は正確な位置が不明で、1947年当時の写真やネット情報を元にして、

最もそれらしい箇所に「600mx30m」という情報に基づいて線を引いてみました。

防衛研究所収蔵資料「海軍航空基地現状表 内地之部 舞鶴鎮守府航空基地現状表」
の中で、当飛行場について一部次のように記載がありました。

基地名:伊達原 建設ノ年:1945 飛行場 長x幅 米:(記載なし) 主要機隊数:小型 主任務:退避 掩体:(記載なし) 其ノ他記事:工事中

D20_0005.jpg

上図の赤→ 南方向はこんな感じ。

真っ直ぐのアスファルト道路でいかにも滑走路跡っぽい感じですが、実はこの地点まで下り勾配がついていて、

車だと、そのままコロコロとどこまでも走ってしまいます。

この舗装道路はここで直角に折れ曲がり、東に向かいます。

D20_0001.jpg

上図の赤→ 北方向はこんな感じ。

ここからは平坦。

勾配のことだけ考えると、上図の線よりこちら側にずれていた可能性も。

 

伊達原飛行場:map   


      新潟県・伊達原飛行場跡地     
地元紙に終戦翌日の8月16日 B29が当飛行場や十日町上空を低空で旋回していたことが記されています

伊達原飛行場 データ
設置管理者:旧海軍
空港種別:秘匿飛行場
所在地:新潟県‎十日町市‎西
座 標:N37°05′59″E138°44′59″
滑走路:600m×30m
磁方位:14/32
*座標、磁方位はグーグルアースにて算出

関連サイト:
国土地理院 1947年11月当時の写真(USA-M627-188)(真ん中上の方)
(■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)   
ブログ内関連記事
       


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

日帰り新潟 [■旅行記]

無題.png

5月と6月に九州にお邪魔したオイラなのですが、その後仕事が超忙しくて、7月、8月と車中泊してのお出掛けはまったくできず、

9月某日、やっと1日だけ時間を作って新潟の飛行場見学に行って来ました。
(9月初旬にチャンスがあったのですが、台風で流れてしまった)

十日町の飛行場以外は全て戦前/戦中のもので現在は跡形もありませんでした。

明日以降順にアップ致します。

 

D20_0038aa.jpg

最後に寄った新潟空港阿賀野川側。


コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

MotoGP 2011 [■ブログ]

7月末から始まった九州強化月間でしたが終了致しました。

お付き合いありがとうございました m(_ _)m

次回から新潟強化週間です。

 

ところですっかりタイミングが遅れてしまったのですが、

オイラはホンダファンでMotoGP(ミーハー)ファンなんですね。

MotoGPって日本ではマイナーだと思うのですが、F1の二輪版です。

MotoGP 2011 今年は久々に強いホンダが戻って来てくれて、

年間ランキングでホンダのマシンは1,3,4,6位に入り、

ドゥカティから移籍したストーナー選手がワールドチャンピオンになりました。

今年のMotoGPは嬉しいこと、悲しいこと、いろいろあって、語り出すとキリがないのでそれは置いといて、

今年は3月20日に開幕したのですが、9日前に発生した日本の震災のためにセレモニーが行われ、

選手たちから日本の被災地にメッセージが送られていました。

また、マシンにもシーズン通してだと思うのですが、日本を激励するメッセージが貼られていたのでした。

 

p108.jpg

13076257580031.jpg

写真は某掲示板から頂いてきました m(_ _)m


コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

犀川飛行場跡地 [├空港]

  2011年6月 訪問 

無題.png

福岡県京都郡‎みやこ町‎にあった「犀川飛行場」。

旧海軍の補助飛行場でした。

上図は1947年当時の写真のうっっっすらとした滑走路っぽい影から作りました。

資料によりますと、当飛行場の滑走路長は600mとのことなのですが、

上図滑走路の長さはグーグル計りでちょうど600mなので一応辻褄は合っているかと(弱)。

多分ここかも。という程度ですのでご了承くださいませ。

現在周辺は畑地になっています。

防衛研究所収蔵資料「海軍航空基地現状表 内地之部 呉鎮守府航空基地現状表」
の中で、当飛行場について一部次のように記載がありました。

基地名:犀川 建設ノ年:1945-8 飛行場 長x幅 米:600x30 主要機隊数:小型機 主任務:発進 隧道竝ニ地下施設:施設アルモ数量不明

D20_0040.jpg

・A地点

 

犀川飛行場:map   


      福岡県・犀川飛行場跡地      

犀川飛行場 データ

設置管理者:旧海軍
空港種別:補助飛行場
所在地:福岡県‎京都郡‎みやこ町‎犀川木山‎
座 標:N33°39′54″E130°56′31″
滑走路:600m×30m
磁方位:04/22
*座標、磁方位はグーグルアースにて算出

関連サイト:
国土地理院 1947年12月当時の写真(USA-M690-27)(下の方に滑走路っぽいものが白く写ってます) 
(■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)   
ブログ内関連記事
       


コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

草地(雷原)飛行場跡地 [├空港]

  2011年6月訪問、最終更新日:2017/6/24  


無題9.png
1947年12月(USA-M690-84) 
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成)

大分県‎豊後高田市に広がる雷原(いかづちばる)台地。

ここに旧海軍の秘匿飛行場「草地飛行場」がありました。

地元では「雷原飛行場」とも呼ばれていました。

現在は畑、工場等になっています。

2014/8/23追記:再生おじさん、アギラさんから情報頂きました。地元での呼び名、長さ、面積等、詳しくはコメント欄をご覧ください。再生おじさん、アギラさん、どうもありがとうございましたm(_ _)m

「九州の戦争遺跡」によりますと、当飛行場は、昭和20年、宇佐飛行場が米軍の空襲を受けたため、

特攻機発進用の秘匿飛行場として造られました。

飛行場の建設は兵士、地元住民、動員学徒、朝鮮人労働者を使役して行われ、

8月に東西に幅40m、長さ600mの滑走路が完成しました。

基盤は南側の桂川から大量の石が運ばれて造られました。

結局この飛行場からは2機の練習機が飛び立っただけで終戦となったのだそうです。

防衛研究所収蔵資料「海軍航空基地現状表 内地之部 呉鎮守府航空基地現状表」
の中で、当飛行場について一部次のように記載がありました。

基地名:草地 建設ノ年:1945-8 飛行場 長x幅 米:600x40 主要機隊数:小型機 主任務:発進 隧道竝ニ地下施設:施設アルモ数量不明

D20_0037.jpg


      大分県・草地飛行場跡地      

草地飛行場 データ

設置管理者:旧海軍
空港種別:秘匿飛行場
所在地:大分県‎豊後高田市‎美和‎
座 標:N33°33′34″E131°28′06″
滑走路:600m×30m
磁方位:10/28
*座標、磁方位はグーグルアースにて算出

関連サイト:
ブログ内関連記事
       

この記事の資料:
「九州の戦争遺跡」
防衛研究所収蔵資料「海軍航空基地現状表 内地之部 呉鎮守府航空基地現状表」


コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

日出生台飛行場跡地 [├空港]

  2011年6月 訪問 

無題8.png

大分県‎由布市‎にあった旧海軍の「‎日出生台(ひじゅうだい)飛行場跡地」。

現在は「陸自・日出生台演習場」になっています。

 

D20_0033.jpg

・A地点。

なにやら警備が厳重で、ここから滑走路跡方向を撮るのが精一杯でした。 

 

日出生台飛行場:map   


      大分県・日出生台飛行場跡地      

日出生台飛行場 データ

設置管理者:旧海軍
空港種別:陸上飛行場
所在地:大分県‎由布市‎湯布院町川上‎
座 標:N33°17′29″E131°20′10″
標 高:700m
滑走路:450m×50m?
磁方位:16/34
*座標、磁方位はグーグルアースにて算出

関連サイト:
国土地理院 1947年11月当時の写真(USA-M663-57)   
(■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)   
ブログ内関連記事       


コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

久住滑空場 [├空港]

  2011年6月 訪問 

D20_0019.jpg

大分県‎竹田市‎久住町にある「久住滑空場」。

土砂降りの中だったのですが、たまたま管理人さんにお会いすることができ、

格納庫の中を見せて頂きました。

 

D20_0018.jpg

最初のとは別の機体ですが、わざわざ中を開けて見せて頂き、計器類の説明までしていただきました。

また、グライダーの世界市場はドイツ等にガッチリ押さえられている現状があるわけですが、

戦前の日本が如何にグライダー先進国であったか力説しておられました。

そしてその一端を伺わせる碑がこの滑空場にはあります。

ここは由緒正しいすごい場所だったのでした。

 

D20_0021.jpg

格納庫近くにある碑。

左側の碑は滑空日本記録樹立と当滑空場開設30周年を記念するものです。

裏面に説明がありました。 建立由来(全文) 1934(昭和9)年9月11日 久住山肥前ケ城山頂から翔びたった 九帝五型滑空機「阿蘇號」は1時間26分の日本記録を樹立し 山岳滑翔の先駆をなした 九州帝国大学 佐藤博先生の設計 前田健一氏の製作 志鶴忠夫氏の操縦技術が一体となって快挙を成し遂げ これを契機に我が国のグライダー界は飛躍的に発展した 少年時代 その飛行を目撃した久住町白丹出身の九州工業大学 本郷英士先生が山岳滑翔の聖地とすべく1970(昭和45)年ここに滑空場を誘致開設した 久住滑空場開設30年の節目と21世紀を迎えるにあたりグライダーに情熱を燃やした先人達の努力と功績を顕彰しその夢を継承するためここに記念の碑を建立する 2000年5月

右側の碑:「久住滑空場南向き発航安全祈念碑」(全文)久住滑空場でグライダーが初めて飛んでから40年。今ここに、白丹中部牧野組合のご協力と九州の各大学航空部員の労力提供によって、従来の北向き発航に加えて南向き発航が完成した。南向き発航は、2005年5月17日、墜落事故によって亡くなられた九州工業大学航空部員と日本学生航空連盟教官の尊い命の上に進められたことを忘れてはならない。われわれは、お二人のご冥福をお祈りしつつ、空を目指す若者が事故の犠牲者になることを二度と繰り返さないように、この地での安全な飛行を永遠に目指すことを誓う。2008年5月吉日 日本学生航空連盟 教官一同 航空部員一同 朝日新聞社

 

久住滑空場:map   


      大分県・久住滑空場      

久住滑空場 データ

管理者:財団法人日本学生航空連盟
所在地:大分県‎竹田市‎久住町大字白丹‎
座 標:N33°02′07″E131°13′57″
標 高:800m
滑走路:
A:800m×30m 道路東側
B:500m×30m 道路西側道路寄り
C:500m×30m 道路西側格納庫寄り
磁方位:15/33
*座標、磁方位はグーグルアースにて算出
航空管制周波数
くじゅうフライトサービス 130.625MHz

関連サイト:
久住滑空場へようこそ    
ブログ内関連記事       


コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

旧大分空港(大分海軍航空基地)跡地 [├空港]

  2011年6月 訪問 

無題7.png

大分県‎大分市にあった「旧大分空港」。

現在は「大洲総合運動公園」になっていますが、空港の形が残ってますね。

元々は「大分海軍航空隊」として使用が始まり、終戦、接収、返還を経て大分空港になりました。

大分市街地に近く、滑走路の両端を川に挟まれていること、また「大分地区新産業都市開発計画」により、

航空旅客の需要増大に対処するための空港施設拡充、特に滑走路の延長が不可能となったため移転しました。

 

D20_0391.jpg

・A地点。 滑走路方向。

 

D20_0379.jpg

同じくA地点。

A,Bテニスコートにはさまれるように「芝生広場」があり、そこに碑があります。

「大分空港跡地」。裏面に碑文がありました。

大分空港跡地由来(全文) この公園敷地は旧大分空港の跡地でありますがその前身は旧大分海軍航空基地で戦後運輸省が第2種空港として整備し東九州の航空要路として重要な役割を果たしてまいりました その後大分空港が国東半島海岸に移転したのを機会に公園用地として国からの払下げを受けこのたび大洲総合運動公園として生れかわったものであります 
記 
昭和13年12月 大分海軍航空隊として開隊される
昭和19年 3月 大分海軍航空隊は解体され大分海軍航空基地となる
昭和20年 8月 太平洋戦争終結
昭和32年 3月 運輸省所管となり大分空港(第2種空港)として供用開始される
昭和46年10月 新大分空港は国東半島東海岸に移転
昭和48年 3月 公園用地として払い下げを受ける 
末広小華書  

 

D20_0380.jpg

「大分空港跡地」碑の隣に設置してある「神風特別攻撃隊発進之地」碑。

裏面には、「昭和二十年八月十五日午後四時三十分 太平洋戦争最後の特別攻撃隊はこの地より出撃せり その時 沖縄の米艦艇に突入戦死せし者の氏名左の如し」として合計18人の氏名、年齢、出身県を列記してあります。

年齢は19~23歳なのですが、先頭の人物だけ年齢が異なっており、「宇垣纏 (年齢)五五」と記されていました。

まったく知りませんでしたが艦隊司令長官・宇垣纏はここからの特攻死だったのですね。

昭和20年8月15日正午の玉音放送を聞いた後の出撃でした。

この宇垣纏の行為は、当時ですら「大勢の部下を道連れに無駄死にした」として批判を受け、二階級特進もありませんでした。

その一方で、 宇垣は「5機で出撃」と命じたものの、

部下は、11機(稼動可能な彗星艦上爆撃機全機)で出撃すると譲らず、宇垣が折れる形でこの出撃数となり、

また同型機は2人乗りなのですが、宇垣搭乗機は本来の乗員が降りようとせず3人搭乗となり、

11機、23名での出撃となったという面もあるのだそうです。

今のオイラには及びもつかない心境です。

出撃した11機のうち3機は不時着。不時着機の5名は生還したため、碑には18人の名前が刻まれました。

防衛研究所収蔵資料「海軍航空基地現状表 内地之部 呉鎮守府航空基地現状表」
の中で、当飛行場について一部次のように記載がありました。

基地名:大分 建設ノ年:1939 飛行場 長x幅 米:1500x1200芝張ノ内1600x200砂利敷 1500x150 主要機隊数:小型4.0 主任務:雷撃実験 作戦 隧道竝ニ地下施設:居住(8800平米)指揮所、電信所、燃料庫、爆弾庫、工業場、倉庫、魚雷調整場 魚雷格納庫 掩体:中型有蓋4 小型有蓋12 小型隠蔽31 其ノ他記事:雷同時調整36本 同格納庫252本

D20_0007.jpg

・B地点。「富士航空機遭難の地」碑。

道路から少し緑地に入った所にありました。

裏面に碑文が埋め込まれていました。(全文)鹿児島空港から飛来した富士航空機株式会社所属コンベア二四〇型機は大分空港への着陸に失敗 此処旧裏川堤防に激突炎上した 時に昭和三十九年二月二十七日十五時三十分悲運の遭難者二十名 昭和五十年五月 裏川改修工事竣工に当り大分県建之 末広小華書

 

・C地点は旧ホーバークラフト乗り場です。

当空港閉鎖と同時に新大分空港間を結ぶ路線として開設されました。

いかに当地が利用者に便利な立地かよく分かりますね。

旧ホーバークラフト乗り場については下記リンクをご覧ください。

 

旧大分空港:map   


      大分県・旧大分空港跡地      

旧大分空港 データ

設置管理者:運輸省
3レター:OIT
4レター:RJFO
空港種別:第2種空港
所在地:大分県‎大分市‎西新地‎2丁目‎
座 標:N33°15′07″E131°37′42″
面 積:188.8ha
滑走路:
1,600mx1,500m 「日本海軍航空史」(終戦時)より
空港当時:1,080m×30m
磁方位:11/29
(座標、磁方位はグーグルアースから)

沿革
1938年12月 大分海軍航空隊開隊
1945年08月 終戦
1956年04月 極東航空 松山線開設
1956年05月 駐留軍から返還される
     07月 運輸省が空港整備に着手
1957年03月 運輸省所管となり大分空港(第2種空港)として供用開始(1,080mx30m)
1965年08月 大分県新空港建設促進協議会発足
1970年07月 新大分空港起工式
1971年10月 新空港供用開始(2,000mx45m)
1973年03月 旧空港跡地、公園用地として払い下げを受ける 

関連サイト
読売新聞/旧大分空港    
Wiki/大分空港   
国土地理院
1947年4月当時の写真(USA-M267-70)(終戦直後でほとんど更地の状態)  
1961年4月当時の写真(MKU612-C4-16)(現役時代の旧大分空港)  
(■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)   
ブログ内関連記事
       


コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

臼杵(家野)飛行場跡地 [├空港]

  2011年6月 訪問 

無題6.png

大分県‎臼杵(うすき)市にあった「臼杵(家野)飛行場」。

上図は1947年の写真を元にしたおおよそのものです。ご了承くださいませ m(_ _)m

現在は畑、高校等になっています。

防衛研究所収蔵資料「海軍航空基地現状表 内地之部 呉鎮守府航空基地現状表」
の中で、当飛行場について一部次のように記載がありました。

基地名:臼杵 建設ノ年:1945-8 飛行場 長x幅 米:600x30砂利敷 主要機隊数:小型機 主任務:発進 隧道竝ニ地下施設:施設アルモ数量不明

D20_0375.jpg

・A地点

 

臼杵(家野)飛行場:map   


      大分県・臼杵(家野)飛行場跡地     
本土決戦用特攻基地として使用する計画でしたが、未完成に終わりました

臼杵(家野)飛行場 データ
設置管理者:旧海軍
空港種別:秘匿飛行場
所在地:大分県‎臼杵市‎家野‎
座 標:N33°05′57″E131°45′52″
滑走路:600mx60m(30mという資料あり)
*座標はグーグルアースにて算出

沿革
1945年06月 着工
      08月 最後の仕上げ作業中に終戦

関連サイト:
国土地理院 1947年4月当時の写真(USA-M198-2-73)(左下の方にあります)  
(■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)   
ブログ内関連記事
       


コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー