So-net無料ブログ作成
検索選択

村松飛行場跡地 [├空港]

  2011年9月 訪問 

無題3.png

新潟県‎五泉市‎‎石曽根に、「建設を始めたものの間もなく終戦を迎えた飛行場」の記録が残されています。

この飛行場、名称不明のため、ここでは仮に「愛宕原の飛行場」とさせて頂きました。

2014/3/10追記:再生おじさんからの情報でここが村松飛行場と判明したため、記事を修正させて頂きました。再生おじさんありがとうございましたm(_ _)m

この飛行場の正確な位置は不明なのですが、1946年6月の航空写真(下記リンク参照)を見ると、

上図のように見えます。その程度のものということでご了承くださいませ。

仮にこうだったとすると、1,700mの滑走路です。

 

D20_0017.jpg

・(多分)A地点。

オイラが考える滑走路と周辺の道は方向がずれており、この写真も滑走路延長方向とはズレてます。

 

D20_0025.jpg

・B地点。

明治29年から終戦まで、当地に歩兵第30聯隊が設置されたのだそうです。

村松陸軍少年通信兵学校当時の営門が残っていました。 

 

村松飛行場:map   


      新潟県・村松飛行場跡地     
着工から間もなく終戦を迎え、結局1機も飛び立つことはなかったのだそうです

村松飛行場 データ
空港種別:陸上飛行場
所在地:新潟県‎五泉市‎石曽根
座 標:N37°41′42″E139°11′47″
滑走路:1,700m?
磁方位:18/36
*座標、磁方位はグーグルアースにて算出

沿革
1945年06月 建設開始
     08月 終戦により工事中止

関連サイト:  
国土地理院 1946年6月当時の写真(USA-M167-A-5-33) (■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)     
ブログ内関連記事       


コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 3

せつこ

へ~~知らなかった、知っているのは写っている山の名前です。
菅名岳と大蔵山が見えます。
by せつこ (2011-12-04 14:11) 

鹿児島のこういち

A地点の写真からすると、滑走路は右側に向かっているということは、青い建物の方向へ延びていたと思われるのですね。
by 鹿児島のこういち (2011-12-04 23:04) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。

■せつこさん
>菅名岳と大蔵山
この写真で山の名前が分かってしまうというのは驚異的です(@Д@)

■鹿児島のこういちさん
はい。そういうことです^^
by とり (2011-12-05 04:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: