So-net無料ブログ作成
検索選択

泡瀬飛行場跡地 [├空港]

  2012年1月 訪問 

無題7.png

沖縄県‎沖縄市にあった「泡瀬飛行場」。

米軍が上陸後、新規に建設した飛行場です。

現在は総合運動公園、病院、学校、住宅地になっています。

 

D20_0142.jpg

・A地点。

「沖縄総合運動公園・陸上競技場」の前から滑走路が始まっていました。

 

泡瀬飛行場跡地:map  


      沖縄県・泡瀬飛行場跡地      

泡瀬飛行場 データ

設置管理者:米軍
空港種別:海軍機専用飛行場
所在地:沖縄県‎沖縄市‎比屋根‎3丁目‎
座 標:N26°18′52″E127°49′26″
滑走路:1,520m
磁方位:02/20
*座標、磁方位はグーグルアースにて算出

沿革
1945年 05月01日。着工
       07月 完成
       戦後放棄。通信基地のみ残る

関連サイト:
国土地理院 1945年12月当時の写真(USA M22 65) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック)  
ブログ内関連記事       


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 2

鹿児島のこういち

米軍が着工しても、日本名がつけられたのですか?(^^ゞキャンプ××××とか米名はなかったのですかね?(^^ゞ
気になりますねぇ(^o^)
by 鹿児島のこういち (2012-04-26 11:29) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。m(_ _)m

■鹿児島のこういちさん
同じ沖縄の飛行場でも、「ボーロー」、「ビースリー」、「ハンビー」
という名前が付けられた箇所もあるのですが、
当飛行場のように地名を使うケースの方が多いみたいです。
でももしかしたら鹿児島のこういちさん仰るような別名があるのかもしれないですね。
by とり (2012-04-27 05:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0