So-net無料ブログ作成

筑後陸軍(岡山)飛行場跡地 [├空港]

   2011年5月訪問、2017/9/17:更新  


無題b.png
1947年11月(USA M665 125)   
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成)

福岡県‎八女市にあった「筑後飛行場」。

当時は八女郡岡山村だったため、「岡山飛行場」とも呼ばれました。

防衛研究所収蔵資料:「飛行場記録 第12飛行師団司令部」(陸空-本土周辺-120)昭和二十年九月十七日

の中に「筑後飛行場記録」と「要図」がありました。

地割は現在までハッキリ残っています。

敷地は特徴的な八角形の北側と東側が変則的に膨らんだような形になっていますが、

「要図」によれば、この東側に膨れた部分も含めた東西の幅は、1,250mと記されていました。

ただし、東側の膨れた部分は「不適」の文字と共に斜線が引かれていて、後述しますが、

「飛行場記録」によればこの部分は滑走地区に含まれていません。

敷地北側部分も膨れた方形部分より大きく赤の斜線で囲われたエリアがあり、「軟弱部」と書かれています。

また上のグーグルマップで赤マーカー部分、「要図」には「校舎(兵舎)」と記されており、

別の大判の要図では、この部分に「乗員養成所」と記されていました。

航空写真ではこの部分に建物っぽいものが並んでいる様子が映っており、

このエリアに兵舎、乗員養成所等の施設があったのだと思います。

以下資料を引用させて頂きます。

判決
自重五屯以下の飛行機の使用に適す

飛行地区
滑走地区 主滑走路一一七〇x三〇〇(南北) 副滑走路一〇〇〇x三〇〇(東西) 軟弱部砂利敷転圧
舗装路 なし
土質 砂壊土(赤土)
地表面の状況 表面張芝にして地耐力可なり、球面排水にして概良好
周辺障碍物の有無 なし
  
付属地区
誘導路 六〇〇〇x八
宿営 兵舎(乗員養成所校舎)二棟(五〇〇名収容可) 
夜間着陸設備 なし(機材あるも設備未着手)
動力線 なし
電灯の線 設備あるも現在破損断線しあり
給水 吸上喞筒(動力及手動)各一あり水質概ね良好にして水量多し

其の他
風向 主恒風 東西(冬季及春季) 副恒風 南北(夏季及秋季)

細かいことなんですが。

上記資料:「飛行場記録 第12飛行師団司令部」(陸空-本土周辺-120)昭和二十年九月十七日

には、当「筑後飛行場記録」が四枚綴られていて、微妙に差があります。

判決部分、「自重十屯以下の~」の漢数字部分、

一枚目は十が消されて五になっており、

二枚目はそのまま十とあり、

三枚目は十を消して八になっていました。

また三枚目では、

誘導路 「六〇〇〇x八 なし」
宿営 「兵舎(乗員養成所校舎)二棟(五〇〇名収容可)
夜間着陸設備 「なし(機材あるも設備未着手)

とそれぞれ修正されており、

其の他の項目では、風向の隣に新たに「所属 航空局」と追加されていました。

そして最後の四枚目は、斜線も追記もない無修正のものです。

(2枚目と4枚目は、2枚目の方はかすれてるけど同じもの)

それぞれの作成日が記されていればよかったんですが。。。

また、資料の中で、主滑走路1,170mx300m、副滑走路1,000mx300m とあります。

八角形の独特な形状ですが、十字型に滑走路が定まっており、

季節ごとの恒風に合わせた運用がなされていたようですね。

D20_0199.jpg

跡地中心部はこんな感じ。

グーグルマップでは敷地中心部分に「旧陸軍岡山飛行場」として史跡マークが付いています。

ストリートビューで確認してみると、史跡マークが付いているのは地元民家のようですが、何か特別な住居なのでしょうか。

ググってみても特に何も見つけられないのですが。。。


      福岡県・筑後陸軍飛行場跡地      

筑後陸軍飛行場 データ

設置管理者:旧陸軍
空港種別:陸上飛行場
所在地:福岡県‎八女市‎龍ケ原‎
座 標:N33°13′28″E130°31′55″
主滑走路:1,170mx300m(18/36)
副滑走路:1,000mx300m(09/27)
(座標はグーグルアースから)

沿革
1944年04月 筑後地方航空機乗員養成所開所式

関連サイト:
ブログ内関連記事       

この記事の資料:
防衛研究所収蔵資料:「飛行場記録 第12飛行師団司令部」(陸空-本土周辺-120)昭和二十年九月十七日


コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 6

sak

八女茶畑が滑走路だったのかな...
by sak (2011-09-14 08:43) 

tooshiba

茶畑だー。
入間市辺りの景色と相通ずるものがありますね。(^o^)

でも、六十有余年前は軍事施設として、若者が訓練に励んでいたんですね・・・今の様子からだと、全くイメージできないけれど。
by tooshiba (2011-09-15 00:36) 

Takashi

茶畑はなんか親近感が湧いてきます^^
Googleマップに亀甲という地名が見えましたが、八角形の地形と関係してるんですかね。
by Takashi (2011-09-15 21:53) 

とり

■sakさん
>八女茶
Σ(゚Д゚;)言われて初めて気が付きました。
地名からしてここが本家本元なんですね。
茶畑が滑走路だったかも。。。

■tooshibaさん
確かに入間の風景と似てますね^^
お茶の名産地に飛行場があったところまで共通してますね。。。

■Takashiさん
Takashiさん地元で見慣れた風景ですね^^
>亀甲
本当だ! この形から来てるのかもしれないですね。
by とり (2011-09-16 07:13) 

たか

小学生のとき、母親に連れられて飛行場つくりの動員に行った記憶がある。

戦後、郵政研修所になり、その後昭和37年には西日本短期大学付属高校に
変わり、現在も高校は健在。かって、この高校は夏の甲子園で優勝した記録
がある。

茶畑だけでなく、一時は中学校や農協それに火葬場があったが、火葬場は
今も使われている。公共の土地だったため、引揚者用の住宅も建設された。

近所には「ホリエモン」さんの実家があったはずだが、今はどうか?

高校の卒業生には、元プロ野球選手に新庄剛志氏や俳優でオリンピック
水泳選手だった藤本隆広氏など、俳優の田中麗奈さんらがいる。

終戦直前に出来たパイロットの養成所だが、特攻機の兵士もここから生まれた
と言う話もある。  今は、平和でおいしいお茶畑、少し高い丘の上だ。


by たか (2012-05-14 23:03) 

とり

■たかさん いらっしゃいませ。
貴重な情報をたくさん教えて下さり、どうもありがとうございましたm(_ _)m
by とり (2012-05-16 06:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0