So-net無料ブログ作成
検索選択

千歳第二、第三飛行場跡地 [├空港]

  2010年6月 訪問 

前記事の通り、千歳村民がみんなで力を合わせて造った小さな小さな着陸場がその後ビックリするほどの拡張を続け、

現在の空自千歳飛行場と新千歳空港になったわけですが、

ここは1939年~1945年まで海軍の「千歳第一飛行場」として使用されました。

そしてこの「千歳第一飛行場」から千歳線をはさんで東北東約6キロのところに、

同じく海軍の「千歳第二、第三飛行場」が造られました。

 

 

千歳第二、第三飛行場跡地

↑上の地図で「広域」(-)を1,2回ほどクリックした方が分かりやすいと思いますが、ほぼ南北に平行滑走路が残っています。

左の長い方が第二飛行場の滑走路、右の短いのが第三飛行場の滑走路です。

2つの飛行場が非常に接近してたんですね。

地図を左下にスクロールすると、新千歳空港(旧・第一飛行場)が出てきます。

ちなみに下記リンク先で「国土地理院 千歳第二、第三飛行場 1947年当時の写真」をご覧頂きますと、

誘導路がまるで生き物のように滑走路を取り囲む様子がクッキリと写ってます。

 

D20_0046.jpg

現在の第二、第三飛行場跡はご覧の通り、陸自の「東千歳駐屯地」になっています。

木々がうっそうと生い茂り、外から中の様子を伺うことはできませんでした。

 

D20_0047.jpg

基地敷地内を走る道路。

この道路はかつて第一飛行場と第二、第三飛行場をつなぐ道路のような気がするのですが・・・。


      千歳市・千歳第二、第三飛行場跡地      

千歳第二飛行場 データ

設置管理者:旧海軍
空港種別:陸上飛行場
所在地:北海道千歳市祝梅
座 標:N42°50′07″E141°43′09″
滑走路:2,000m×80m(コンクリート) 「日本海軍航空史」より
磁方位:17/35
*座標、磁方位はグーグルアースにて算出

沿 革
1942年 着工
1944年 04月13日 第一次完成
1945年 08月15日 第二次完成
       現・陸自東千歳駐屯地

 

千歳第三飛行場 データ
空港種別:陸上飛行場
所在地:北海道千歳市祝梅
座 標:N42°49′59″E141°43′54″
滑走路:1,200m×80m(ソイルセメント) 「日本海軍航空史」より
磁方位:17/35
*座標、磁方位はグーグルアースにて算出

沿 革
1945年08月15日 完成

関連サイト:
国土地理院 1947年9月当時の写真(USA M458 115)  (千歳第一飛行場)   
国土地理院 1947年5月当時の写真(USA M346 65) (千歳第二、第三飛行場)  
(■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)   
ブログ内関連記事
       


コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 14

guchi

ムムム
千歳飛行場特集には、こんな偉大な続きがまだあったんですね
第2、第3飛行場跡地・・・確かにはっきりと見えます。
ここも新・新・千歳空港にすれば、世界でも指折りの
巨大空港になるに違いありません.. (・_・;) 需要が..
ところで駐屯地下側東西に走る線はテストコースでしょうか?
by guchi (2010-08-16 08:14) 

sak

国土地理院の見てきました
ほんとに今にも動き出しそうな生き物みたいで
びっくりです(^^;
by sak (2010-08-16 08:28) 

masa

千歳空港、今では北海道の玄関のような空港ですが
かつては小さな空港だったんですね。
by masa (2010-08-16 08:34) 

おろ・おろし

冬の雪がなければ、
ハブ空港として十分な広さと長距離路線だと地の利もあると思うのですが、
いっそのこと、技術を駆使して、
全天候型のドーム飛行場にでも、しちゃえば・・・。
by おろ・おろし (2010-08-16 09:19) 

鹿児島のこういち

海軍のこの第二、第三千歳飛行場をもっとうまく活用したら、アッツ島の玉砕は防げたんじゃないかって思いました。キスカ島は海軍との協力で守備隊の撤退を成功させてますけど、アッツ島は大本営に見捨てられたのですから。
本を読んでいたり、先週、NHKであったアッツ島の特集を見て、戦争の理不尽さ(当時の軍参謀の)に腹立たしさを感じました。
by 鹿児島のこういち (2010-08-16 12:47) 

鹿児島のこういち

演習場は、演習してました?自分が学生の頃、鹿児島の国分陸上自衛隊の牧園演習場に演習以外の日には、車で勝手に入り込んでダートの練習してましたf^_^;演習の日は追い出されましたが、演習がなければ入れたのではぁ~♪
まぁ、不発弾だけきをつければぁ~f^_^;

なんて、無責任なぁf^_^;
by 鹿児島のこういち (2010-08-16 12:53) 

Takashi

今回の写真を見て、新千歳から札幌へ移動するバスから見えた、陸自のコブラを思い出しました^^
この辺が演習場だったのですね。
by Takashi (2010-08-16 12:55) 

miffy

明日からしばらく留守します。
しばらくの間お伺いできませんが戻りましたらまた遊びに来ますね~
by miffy (2010-08-16 17:06) 

まめ助の母

ナスカの地上絵みたいですね
上から見るってやっぱり楽しい♪

演習場につき立入禁止

ってこれ以上ない威嚇っぽい…
by まめ助の母 (2010-08-16 21:39) 

雅

沖縄の米軍基地だと、勝手に入ると銃殺されそうですけど、自衛隊なら怒られるだけで済むんじゃないですか?(笑)
by (2010-08-16 22:52) 

tss

薩摩硫黄島にチャーターで降りた友人の話を投稿したその tss です。ご記憶でしたか! そういえば薩摩硫黄島でもハチと遭遇していらっしゃいましたね、、、。

今回の北海道上陸はフェリーということでしたが、飛行機で行く場合には着陸直前にかなり高い確率で旧千歳滑走路が見えます。本州側からだとたぶん右側席か、機内モニターかが良いように思います。いつもデジタルカメラしか持っていないので写真には撮れないでいるのですが。
by tss (2010-08-17 07:45) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。

■guchiさん
>世界でも指折りの
仰る通りで、「千歳をハブ空港として整備して世界中からヒコーキを呼び込め!」
というアナリストもいます。
>東西
ちょっと滑走路っぽいですけど車両走行用だそうです。
テストコースとしても使用しているのかもしれませんが、確認できませんでした。

■sakさん
ほんと、ウネウネですよね。
こんになクッキリとたくさん写ってるのは珍しいです^^

■masaさん
今からでは想像できない位の小ささだったんですね~。

■おろ・おろしさん
>ハブ空港
まったく同じことを主張しているアナリストの方がいました。
「千歳はまだその機能を十分に活かしているとはいえない」のだそうです。

■鹿児島のこういちさん
>当時の軍参謀
アッツ、キスカの史実は知らないのでなんとも言えませんが、
この件はまったく同感です。なんであんなに見殺しにして平気なんだろう???
というのが知れば知るほど不思議でなりません。( ̄人 ̄)
>ダートの練習
そんなことしていたのですか!!(☆Д☆)
演習してたかどうかは確認しませんでした。
特に音は聞こえませんでしたが。。。
どこの基地もそんなおおらかなんですかね~^^

■Takashiさん
おお、「コプラ」と見分けがつくのですね。
ここから飛んでたのかもしれないですね。

■miffyさん
気を付けて楽しんできてくださいね~^^

■まめ助の母さん
ウネウネしてますね^^
>威嚇
怖いですよね。
でもそこに入ってしまえるお方が上の方に約一名…。

■雅さん
おお、ここにも大胆なお方がいらっしゃる!
まあ確かに自衛隊なら殺されはしないんでしょうね。

■tssさん
やっぱりそうでしたか。お久しぶりです^^
そうそう、硫黄島ではハチでコワイ思いしてましたね^^;
>飛行機
またまた情報ありがとうございます。
ヒコーキで行く時は右席ですねφ(.. )メモメモ
by とり (2010-08-18 06:52) 

鹿児島のこういち

そうなんですよぉ~(^O^)学生の頃の話しで、今の事ではないんですけどねf^_^;
入口から入ってすぐ、丸い敷地があるんですが、夜は野ウサギがたくさん。ここから演習場を一周のダートをFRの車で練習してました。カウンターやドリフトは、ここで覚えました(^O^)/
夜、演習してると、暗闇の草むらから体中に草などのカモフラージュをした隊員が、わらわらと出て来て、「演習中ですから出ていって下さい。」って言われるんですよ(^O^)

楽しい思い出ですf^_^;
by 鹿児島のこういち (2010-08-18 20:34) 

とり

■鹿児島のこういちさん
>暗闇の草むらから
それはコワイ。
しかしなんともおおらかな話ですね~^^
by とり (2010-08-20 06:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0