So-net無料ブログ作成
検索選択

笠之原飛行場跡地 [├空港]

  2011年6月 訪問 

無題0.png
1947年1月当時の写真(USA M11 78) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック。) 
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成) 

無題1.png

前記事の鹿児島県・「鹿屋航空基地」の東約5kmにあった、「笠之原飛行場」。

図の通り、二本の滑走路を有する飛行場でした。

防衛研究所収蔵資料「海軍航空基地現状表 内地之部 佐世保鎮守府航空基地現状表」
の中で、当飛行場について一部次のように記載がありました。

基地名:笠ノ原 建設ノ年:1943 飛行場 長x幅 米:800x50コンクリート 主要機隊数:小型3.0 主任務:作戦 隧道竝ニ地下施設:居住3,500平米、指揮所、電信所、燃料庫、爆弾庫、倉庫、工業場 掩体:中、小型無蓋210

 

2017/4/3追記:水路部資料「航空路資料 第7 昭11-8 九州地方飛行場及不時著陸場」に

当飛行場の資料、地図が出ています(下記リンク参照)。

当飛行場に関するページは「1935年11月調」とあり、飛行場の地図には上のマップの東西の滑走路のあった辺りに

滑走路ではなく、着陸帯が設定されているように描かれています。

南北方向の滑走路部分は飛行場敷地に含まれていません。

当飛行場は1922年開設と、かなり古くからある飛行場のため、

後年拡張、滑走路建設をして終戦時の形になったのだと思われます。

D20_0200.jpg

・A地点にあるコンクリート製入口。

笠野原小学校西側の通りを南下するとあります。

グーグルのストリートビューに思いっきり写ってました。

旧笠之原海軍航空基地跡地(全文) 沿革 現在地は旧笠之原飛行場として、大正十一年八月から昭和二十年八月十五日まで二十四年間に亙り、旧陸海空軍の飛行場基地として使用されていた。太平洋戦争末期の昭和十九年一月十五日には海軍航空基地が設置され、田中隊一個中隊が常駐することとなった。又、昭和二十年一月には第二百三航空隊零式戦闘機七十二機が配備され、特別攻撃隊として南海の戦場に散っていった。その後昭和二十年三月十八日の連合軍の集中爆撃のため、格納庫を始めとする基地施設は全滅し、当時を物語る唯一の遺物として、このコンクリート入り口が、東西に走っていた滑走路へ通ずる地下道入口並びに地下通路指令室として現存しているものである。当地は民有地を買収して飛行場がつくられた関係上、終戦により地元地区民に農地として無償で払い下げられ、現在に至っている。鹿屋市観光協会

 

D20_0202.jpg

反対側から見るとこんな感じ。

 

D20_0205.jpg

・B地点。

東西の滑走路はこの少し先に真っ直ぐ伸びていたはずです。

 

D20_0206.jpg

・C地点。

南北の滑走路はここから伸びていたはずです。

 

笠之原飛行場:map   


      鹿児島県・笠之原飛行場跡地      

笠之原飛行場 データ

設置管理者:旧・陸、海軍
空港種別:陸上飛行場
所在地:鹿児島県‎鹿屋市‎笠之原町‎
座 標:N31°22′48″E130°53′27″
滑走路:800m×50m 「日本海軍航空史」(終戦時)より
方 位:09/27,18/36
(座標、方位はグーグルアースから)

沿革
1922年08月 民有地を買収して飛行場建設。陸海軍の飛行場基地として使用
1944年01月 海軍航空基地設置
1945年01月 零戦が配備され、特別攻撃隊として出撃
      03月 連合軍による集中爆撃を受け、基地施設全滅
      08月 基地閉鎖。 地元地区民に農地として無償で払い下げ

関連サイト:
水路部資料「航空路資料 第7 昭11-8 九州地方飛行場及不時著陸場」  
ブログ内関連記事       


コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 8

masa

コンクリート製の入り口、トイレと間違えそうですね。
それにしても広いところですね。
by masa (2011-10-27 19:47) 

鹿児島のこういち

コンクリート製の出入り口ですか。これだけ残ったのですね。この土地を払い下げを受けた人が撤去しなかったのが、ある意味幸いか(^○^)見る事できるのだから(^○^)
自分は鹿児島の事を「ど田舎」と呼んでますが、ここ鹿屋の道はきれいにまっすぐな道が多いと思いませんか?
いわゆる二階堂道路と言われる道です。
以前の自民党副総裁の「二階堂進」氏のおかげで出来た道で、シラス台地が多く、まっすぐな道が造りづらい鹿児島にあって異質です(^^ゞ
昔の政治家は、地元にいかに還元できるかが政治家能力の判断基準でもあったんですよね(ノ_<。)
悲しいかな、善くも悪くも、昔の政治家は統率力と判断力が今の政治家よりあったと思います。
by 鹿児島のこういち (2011-10-28 12:31) 

鹿児島のこういち

コンクリート製の出入り口ですか。これだけ残ったのですね。この土地を払い下げを受けた人が撤去しなかったのが、ある意味幸いか(^○^)見る事できるのだから(^○^)
自分は鹿児島の事を「ど田舎」と呼んでますが、ここ鹿屋の道はきれいにまっすぐな道が多いと思いませんか?
いわゆる二階堂道路と言われる道です。
以前の自民党副総裁の「二階堂進」氏のおかげで出来た道で、シラス台地が多く、まっすぐな道が造りづらい鹿児島にあって異質です(^^ゞ
昔の政治家は、地元にいかに還元できるかが政治家能力の判断基準でもあったんですよね(ノ_<。)悲しいかな、善くも悪くも、昔の政治家は統率力と判断力が今の政治家よりあったと思います。
by 鹿児島のこういち (2011-11-01 21:55) 

とり

■鹿児島のこういちさん
>二階堂道路
初めて知りました。
回っていた時は気が付きませんでしたが、言われてみれば真っ直ぐな道が多かったように思います。
地元への還元を票集めの道具にするやり方はオイラ個人としては否定的なのですが、
被災地に関してはそれでいいから統率力と判断力を発揮して欲しいと思います。
by とり (2011-11-02 05:17) 

鎌田実

渋谷区の鎌田と申します。笠之原の読み方をお聞きします。
現在は「かさのはら」と呼んでいると聞きました。
笠之原基地は「かさんばら」と地元の人が呼んでいたと予備学生13機の方が書いてある本を読んだことがあります。戦時中はどのように呼んでいたのでしょうか。
by 鎌田実 (2012-10-18 19:04) 

とり

■鎌田実さん いらっしゃいませ。
戦時中の読み方についてですが、
資料を持ち合わせておらず、私には分かりません。
お役に立てず申し訳ありません。
by とり (2012-10-19 05:53) 

鹿児島のこういち

鎌田実さん、とりさんにかわって自分が少し説明します。
笠之原は間違いなく「かさのはら」です。ただ鹿児島弁で普通にしゃべると(薩摩半島側だと)、「かさんばら」になります。しかし、地元、鹿屋(大隅半島側)では「かさんばい」と発音するのが普通のはずです。鹿児島弁特有の音韻変化です。
元々の書き方が笠野原と書き、意味は広い場所または、河口。読み方は「かさのっぱら」らしいです。地元ではこの読み方から「かさんばい」と発音変化しているようです。対して薩摩半島側では「笠之原かさのはら」で発音変化したため「かさんばら」になったとおもわれます。
という事は、閉鎖字絵図に書かれている字名と思われますので、戦時中では地元の人なら「かさんばい」と呼んでいたのではないでしょうか?本の中で「かさんばら」と言ってる人は薩摩半島出身の方と考えてよいのではないでしょうか。
このような答えでいかがでしょうか?(^^ゞ
by 鹿児島のこういち (2012-10-20 23:51) 

とり

■鹿児島のこういちさん
詳しいご回答ありがとうございました。
鹿児島の事だからこういちさんに最初からお聞きすればよかったですね。
今度何かありましたら、また宜しくお願い致しますm(_ _)m
鎌田実さんから何の反応もありませんが、見ていてくれてるとよいのですが…
by とり (2012-10-22 06:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: