So-net無料ブログ作成

大刀洗北飛行場跡地 [├空港]

   2011年5月訪問、2017/9/11:更新  


無題7.png
1947年4月(USA M266 44)当時の写真   
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成)

そのスジでは非常に有名な福岡県大刀洗飛行場の北北西約5kmにあった「大刀洗北飛行場(北飛行場)」。

現在滑走路は道路になっています。

防衛研究所収蔵資料:「飛行場記録 第12飛行師団司令部」(陸空-本土周辺-120)昭和二十年九月十七日

の中に「太刀洗北飛行場記録」がありました。

上のグーグルマップは、資料中の「要図」と航空写真から作図しました。

以下資料を引用させて頂きます。

判決
自重五屯以下の使用に適す 但し土質軟弱にして雨後の使用は不可能なり

飛行地区
滑走地区 東西一八〇〇x三〇〇 南北二〇〇〇x四〇〇
滑走路 一五〇〇x六〇 コンクリート10cm舗装
地表面の状況 表面雑草にして軟弱なり    
誘導路 (項目に斜線が引かれていて記載なし)
準備線 幅五米 破損箇所数所あり
周辺障碍物の有無 なし
土質 泥質

付属地区
宿営 兵舎一棟 就床可能人数約五十名
事務所 なし
炊事場 家屋のみにて炊事不可能
入浴場 なし
厠 家屋一棟 大便所三ヶ所(汲取式)小便所一ヶ所
動力線 なし
給水線 なし
電灯線 有り
井戸 三ヶ所 深さ約三米 飲料に適せず

充用部隊
建築当時充用部隊 飛行場設定隊
最後使用部隊 北飛行場監視隊

其の他
恒風 西北風 主滑走路に対して横風多し

実は同資料では、終盤の頁で当飛行場の「要図」と「飛行場記録」がコンパクトにまとめられて再登場しているのですが、

両者には細かな差異があります。

以下異なっている箇所を列挙します。

・判決:「自重五屯以下の使用に適す 但し土質軟弱にして雨後の使用は不可能なり」
   →「12頓以下の使用に適す 但し舗装路外土質軟弱にして雨後の使用は舗装路以外は不可能なり」
・地表面の状況:「表面雑草にして軟弱なり」→「表面雑草にして地耐力軟弱なり」
・宿営:「兵舎一棟 就床可能人数約五十名」→「
兵舎1棟 収容力なし」
・夜間着陸設備:項目なし→「なし」
・恒風:「西北風 主滑走路に対して横風多し」→「西北風 主滑走路に対し側風多し」

D20_0138.jpg

・A地点

この少し先から副滑走路兼誘導路が伸びていました。

現在は農業用道路になっています。

D20_0134.jpg

・B地点

主滑走路東端。

私有地のためチョコットしか写せませんが、地割が丸く残ってました。

D20_0135.jpg

・C地点

主滑走路がそのまま真っ直ぐな道路になっています。 

D20_0140.jpg

・D地点

「安野交差点」に説明版が設置されていました。

上述の防衛研究所収蔵資料では滑走路1本分しか記載がないのですが、

この説明版によれば、メイン滑走路と並行する誘導路が副滑走路を兼ねていたとあります。

滑走路の長さについてですが、説明版にはメインの滑走路は1,8000mx50m とあります。

一方、上述の資料では 1,500mx60m とあり、

航空写真優先で作図して測ってみたところ、オイラには 1,470mx60m に見えます。

副滑走路兼誘導路は、説明版では1,600mとありますが、作図した直線部分は 1,080m しかないと思います。 


      福岡県・大刀洗北飛行場跡地      

大刀洗北飛行場 データ

設置管理者:旧陸軍
空港種別:陸上飛行場
所在地:福岡県‎朝倉郡‎筑前町‎安野‎
座 標:N33°26′37″E130°35′42″
滑走路:1,500mx60m (説明版によれば、主:1,800m×50m 副:1,600m×30m)
方 位:05/23
(座標、方位はグーグルアースから)

沿革
1943年02月 用地買収
1944年03月 着工
1945年02月 完成

関連サイト:
ブログ内関連記事       

この記事の資料:
現地の説明版
防衛研究所収蔵資料:「飛行場記録 第12飛行師団司令部」(陸空-本土周辺-120)昭和二十年九月十七日


コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 9

yatoho

こんにちは

A地点というと漫才師の唄が思い浮かびます^^;
それにしてもまっすぐな道ですね。
今でも緊急時には飛行機が降りられそうですね。
by yatoho (2011-09-09 11:16) 

tooshiba

ターニングパッドの跡地?に、当時の様子が偲ばれますね。
(よく平らとかに整地してしまわなかったと思うけれど、なんかあるんでしょうかね。)
by tooshiba (2011-09-09 12:14) 

セバスちゃん

そのスジの人に該当しない僕です。
でも、そこに真っすぐな道があれば、滑走路であったかも
しれない事を疑うようにしてみますよ<笑>
by セバスちゃん (2011-09-09 16:43) 

an-kazu

むむ、古墳も点在しているようですね( ^ω^)おっ
by an-kazu (2011-09-09 22:36) 

me-co

出来るだけ土を動かさない=費用を掛けないことが農地整備のコツ
ですが、ほぼ滑走路どおりの農道は、この原則に忠実ですわ@@
by me-co (2011-09-09 23:07) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。

■yatohoさん こんにちは
>漫才師の唄
そんな唄がありましたか^^

■tooshibaさん
>整地
本当にそうですね。愛知県、長野県にもこうやってターニングパッドの形が残ってる例がありました。
不思議です。

■セバスちゃんさん
真っ直ぐな道が滑走路に見えてきたら、そのスジの世界に入りかけです^^

■an-kazuさん
古墳もありますか。まったく気が付きませんでしたが。
an-kazuさんのセンサーには引っかかるのですね。

■me-coさん
>出来るだけ土を動かさない
格言頂きましたm(_ _)m
by とり (2011-09-10 07:21) 

sak

まっすぐな道を見つけたら
もしかしたら滑走路だったのかも...
って思ってしまいます(^^

by sak (2011-09-11 18:41) 

Takashi

舗装された滑走路があって使用しなくなったら道路にするというのは、自然な流れなんでしょうね。
by Takashi (2011-09-11 23:27) 

とり

■sakさん
それはかなりキてますよ(o ̄∇ ̄o)ニヤ

■Takashiさん
確かにそういう事例が多いですよね~。
by とり (2011-09-13 07:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0