So-net無料ブログ作成
検索選択

小富士海軍航空隊基地跡 [├空港]

  2011年5月 2016年5月 訪問 

無題3.png
1947年4月当時の写真(USA M271 56) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック。) 
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成) 



2014/2/26追記:再生おじさんさんから当飛行場についての資料を教えて頂き(下記リンク参照)、地図を差し替えました。オレンジで囲った部分が「滑空場」として明示されていました。滑空場の西側(県道54号線と泉川に挟まれた部分)は「練兵場」と記されており、オイラは・A地点から練兵場方向を撮ってました。後日再訪して写真も差し替えます。再生おじさんどうもありがとうございましたm(_ _)m 

2016/7/25追記:現地にお邪魔して記事修正しました。

 

前記事の「海軍航空隊玄界基地」の東約4kmにあった「小富士海軍航空隊基地」。

舗装された滑走路はなく、草原の飛行場だったのだそうです。

玄界基地の説明版の中に、「小富士海軍航空隊に弾薬庫を置く」という記述がありました。

お隣さんの同じ海軍同士融通していた。ということなのでしょうか。

DSC_0146.jpg

県道54号沿いに碑があります。

レンズフードの影が。。。(;´Д⊂)
→レンズフードの影のない写真と差し替えました。

碑の裏側に碑文がありました。

(全文)風雲急ナル大東亜戦下祖国防衛ノ念ニ燃エ決死報国ノ覚悟ヲ秘メタ若人ヲ集メ消耗スル航空戦力ノ補充ヲ目的ニ若鷲錬成ノ基地トシテ昭和十九年五月小富士海軍航空隊ヲ開隊終戦マデ甲十三期乃至十六期ノ各期予科練約五千名ヲ育成シタ当時十有余歳ノ学徒国難ニ殉ズル我ヲ措イテ他無シトノ悲壮ノ決意デ奮躍予科練ニ入隊シ青春ノ情熱ヲ傾ケ訓練ニ励ンダ然ルニ戦局愈々苛烈トナリ予科練教育ハ中止サレ夫々特攻基地ニ派遣サレタガ遂ニ戦運我ニ利ナク昭和二十年八月終戦トナリ小富士航空隊モ其ノ使命ヲ終ツタ思エバ富隊ノ歴史ハ僅カ二年ニスギナカツタガ我等ガ命ヲカケテ鍛錬シタ予科練魂ハ克ク戦後激動ノ試練ニ耐エ新日本発展ノ礎トナツタ我等ハ往時ノ予科練時代ヲ偲ビ茲ニ同隊ノ碑ヲ建立スル 昭和四十八年五月二十七日 小富士海軍航空隊出身者外有志一同

DSC_0159.jpg

撮影地点・1

碑のところから飛行場方向

DSC_0144.jpg

撮影地点・2


      福岡県小富士海軍航空隊基地跡      

小富士海軍航空隊基地 データ

設置管理者:旧海軍
空港種別:陸上飛行場
所在地:福岡県‎糸島市‎志摩小富士‎
座 標:N33°33′37″E130°10′35″
*座標はグーグルアースにて算出

沿革
1943年 10月 用地買収通達、翌日から測量開始。水田を埋め立てて飛行場を作る
1944年 05月 鹿児島海軍航空隊小富士分遣隊として発足
1945年 08月 解隊
1950年 地元で買戻し元の美田に戻す

関連サイト:
アジア歴史資料センター/警察移管引渡関係 福岡県(2)    
小富士海軍航空隊    
ブログ内関連記事       


コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 11

me-co

昭和48年に建てた割には綺麗な碑ですね=金文字剥げてないし、お花とお酒手向けているし・・・
「場合によっては、いつ命を捧げてもおかしくない」状態におかれていた方が結構いるということでしょうかね?大切にしているようで、ちょびっと思いが伝わってきます。
by me-co (2011-08-28 10:01) 

an-kazu

>レンズフードの影・・・

私もときどきやらかします(;_;
by an-kazu (2011-08-28 16:54) 

セバスちゃん

あー旅に出たい、ようするに現実逃避です。
とりさんの写真みてたら・・・
すみません、ひとりごとです。
とりさんのコメでつぶやいてしまいました。
by セバスちゃん (2011-08-28 18:26) 

Takashi

フードの影。うっかりフラッシュ使うと、やっちゃいますよね^^
この碑は地元の方か関係者の方に大事にされているように見えます。
by Takashi (2011-08-28 22:02) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。

■me-coさん
仰る通りで非常に綺麗に整えられていました。
碑を大切にしている方がきっとおられるのでしょうね。

■an-kazuさん
an-kazuさんもですか。オイラだけじゃなかったんですね^^;

■セバスちゃんさん
リフレッシュできるとよいのですが。。。

■Takashiさん
Takashiさんもですか^^;
>碑
永い間ずっと守り続ける方がおられるんでしょうね~。
by とり (2011-08-29 07:44) 

tooshiba

一時的にせよ“お国の為に”と田んぼを召し上げられた農民の心中はいかばかりだったでしょう。
(と言っても戦中だから、界隈の地主に通告したら唯々諾々?)

公>>(越えられない壁)>>個 の時代だったから出来たことで、今だったら絶対に出来ないですね。
by tooshiba (2011-08-29 14:32) 

とり

■tooshibaさん
本当に今からでは考えられないことですね。
苦労して開墾した畑を突然奪われる。その心中オイラには想像もつきません。
by とり (2011-08-31 06:11) 

うららの友達

弱冠十七、八歳の少年たちがお国のため滅私奉公し、訓練に励んだ地ですね。予科練がすぐそばの地にあったことは、全く知りませんでした。近いうちに訪れてみたいと思います。
by うららの友達 (2012-03-28 22:23) 

とり

■うららの友達さん いらっしゃいませ。
どうもお邪魔致しましたm(_ _)m
当時こんなことがあったとはとても思えない程、長閑な農村風景が広がる素敵な場所ですね。
強く印象に残っています。
当跡地については情報が碑文以外ほとんどありません。
もし何か分かりましたら是非教えて頂ければ幸いです。
by とり (2012-03-29 07:15) 

再生おじさん

こんばんは

アジア歴史資料センターに要図が出ています。
右半分が滑空場だったようです。

標題:警察移管引渡関係 福岡県(2)、
レファレンスコード C08011293300
2~3コマ目
by 再生おじさん (2014-02-26 02:20) 

とり

■再生おじさんさん
バッチリ出てますね!
早速地図を差し替えさせて頂きました。
情報ありがとうございました。
このところせっかく情報いただいてもほったらかしになってしまい、
申し訳ありませんm(_ _)m
by とり (2014-02-26 16:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: