So-net無料ブログ作成
検索選択

真室川飛行場跡地 [├空港]

  2011年10月 訪問 

無題6.png
1947年11月当時の写真(USA M638 78) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック。) 
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成) 


2017/3/20追記:防衛研究所収蔵資料「飛行場要図綴 其の二 一復(陸空-本土周辺-105)」と「陸軍航空基地資料(本州、九州)昭19.20 水路部」から地図と飛行場情報追加しました。

「陸軍航空基地資料(本州、九州)昭19.20 水路部」の中に当飛行場の地図があり、

例によってそこから作図しようとしたのですが、明らかに実際との矛盾が生じていて、うまく作図ができませんでした。

一方、「飛行場要図綴 其の二 一復(陸空-本土周辺-105)」にも当飛行場の大きな青焼きがあるのですが、

こちらは非常に薄くなってしまっていて、判別が難しい状態でした。

ただしこちらの方が信ぴょう性が高いため、1947年の航空写真、グーグルアースと突き合わせつつ、

主に後者の資料を使って作図したのが上のマップです。

どちらの資料でも飛行場の敷地は、「やや長四角の三方が飛び出た形」を基本としているのですが、

形が違うことは一目で分かるレベルで、結構違ってます。

頼みの綱の航空写真も境界線がハッキリせず、ほとんどフリーハンドに近い作図です。

おおよそこんな感じだったのではないかと。

また、後者の資料(大判の青焼き地図)には、

飛行場敷地内対角線ほぼ一杯使い、北西~南東方向に太い滑走路っぽいものが一本描かれていました。

「陸軍航空基地資料(本州、九州)昭19.20 水路部」に当飛行場情報がありましたので、以下引用させて頂きました。

面積 東西1,200米 南北1,050米
地面の状況 平坦なるも南東より北西に向け1/120の下り傾斜を為す
      硬度は普通にして排水良好なり冬期は降雪多し
目標 真室川、奥羽本線、羽州街道
障碍物 (記載なし)
離着陸特殊操縦法 離着陸方向は北西を可とす
格納設備 木造格納庫(20x30米)2棟あり
照明設備 (記載なし)
通信設備 西方約1粁に真室川郵便局(電信及電話取扱)あり
観測設備 なし
給油設備 少量あり
修理設備 なし
宿泊設備 兵舎あり
地方風 全年を通じては北西風多し
地方特殊の気象 冬季積雪多し
交通関係 真室川駅(奥羽本線)西方約1粁同駅より本場間に自動車道路あり
其の他 (記載なし)
(昭和18年4月調)

D20_0231.jpg

山形県真室川町にある「真室川町総合運動公園・多目的運動広場」。


      山形県・真室川飛行場跡地     
末期には空襲を受けたという記録が残っています

真室川飛行場 データ
設置管理者:旧陸軍
空港種別:陸上練習用飛行場
所在地:山形県‎最上郡‎真室川町‎新町‎
座 標:N38°51′09″E140°16′04″
*座標はグーグルアースにて算出

関連サイト:
ブログ内関連記事       

この記事の資料:
新庄市史
防衛研究所収蔵資料「飛行場要図綴 其の二 一復(陸空-本土周辺-105)」
「陸軍航空基地資料(本州、九州)昭19.20 水路部」


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: