So-net無料ブログ作成
検索選択

三方原飛行場跡地 [├空港]

  2010年11月 2016年6月 訪問 


2016/8/20追記:防衛研究所資料「5 航空基地 49」に当飛行場の地図があり、記事修正致しました。

静岡県‎浜松市、浜松基地のすぐ北東にあった「三方原飛行場」。

隊門、飛行場防衛用と見られるトーチカ跡、掩体壕が残っています。

 

D20_0021.jpg

隊門。

現在は自衛隊官舎になっています。

 

D20_0025.jpg

トーチカ跡

県道はさんでエイデンの向かい側にあります。

説明板があり、一部こう書かれていました。

太平洋戦争中、この舟岡山にはトーチカがいくつか築かれた。戦争が激化したため本土決戦に備えて構築したもので、その名残が今もみられる。幸にもトーチカは使用されることはなく…」だそうです。

DSC_0031.jpg

飛行場跡地を南北に貫く国道257号線


      静岡県・三方原飛行場跡地     
日本航空史の中で、「三方ヶ原に航空局事務官を最後に現役を退いた永淵三郎砲兵大尉が日本中央飛行学校を創設」という記述があります。1920年台のことだと思うのですが。。。 また、「民間飛行學校練習所其他」{航空年鑑昭和六年)の中でも、当飛行場の項目で日本中央飛行学校の事が出てきます。アギラさんから情報頂きました。アギラさんありがとうございましたm(_ _)m

三方原飛行場 データ
設置管理者:旧陸軍
空港種別:陸上飛行場
所在地:静岡県‎浜松市‎東区‎半田山
座 標:N34°46′34″E137°43′49″
(座標、標高はグーグルアースから)

関連サイト:
国土地理院 1946年5月当時の写真(USA M142-A-5No3 21) (■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)   


コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 13

an-kazu

武田軍と徳川軍が一戦交えた地にも、飛行場があったのですね!
by an-kazu (2011-02-18 17:47) 

takechan

歴史によく登場する地名ですね。古戦場跡はないのかな、
by takechan (2011-02-18 21:59) 

鹿児島のこういち

とりさんが写した門柱以外にあと三本なかったですか?f^_^;
三方原教導飛行団は航空化学戦を任務として、毒ガス兵器を開発してましたってありましたw(゚o゚)w関東軍だけでなく、本土でも作ってたんですね。
滑走路は浜松飛行場と誘導路でつながってましたって事らしいので、次は浜松飛行場跡地でしょうか?f^_^;
by 鹿児島のこういち (2011-02-19 00:40) 

セバスちゃん

いらっしゃいませ、浜松。僕とニアミスしていたりして<笑>
遠く横浜から浜松基地に近い料理屋さんへ通ってした時代、
料理屋さんでよく自衛隊の方も来てましたね。
声をかけるなバリアを張ってましたけど。
大好きだった、この店も5〜6年前に閉店しました<涙>
by セバスちゃん (2011-02-19 10:12) 

コスト

この跡地のずっと東(右)にある遠鉄西ケ崎駅には、出張で毎回下車してるんで
おおーって思いました^^
トーチカはどれぐらいの大きさなんですかね?
今は自衛隊宿舎ってところになんだか関連性を感じます。
by コスト (2011-02-19 12:12) 

ジョルノ飛曹長

こういったトーチカや掩体壕は、きちんと残して欲しいですよね。(^◇^)
by ジョルノ飛曹長 (2011-02-19 17:00) 

sak

自衛官募集のポスターが気になります(^^
by sak (2011-02-19 23:45) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。

■an-kazuさん
>武田軍と徳川軍
そそそそそうなんですか。
学生時代歴史が苦手で苦手で。
おかげで「本当に日本人?」と真顔で問われるような有様でして。。。(///∇///)

■takechanさん
よく登場するのですか。とても有名な場所なんですね。(///∇///)

■鹿児島のこういちさん
>あと三本
残念ながら発見できませんでした。というか存在も知りませんでした。
>次は浜松飛行場跡地
ビンゴです!d( ̄∇ ̄*)

■セバスちゃんさん
お邪魔致しました。静岡は都合三回お邪魔しましたので、本当にどこかでニアミスしているかもしれないですね^^
こちらとはそんな長年のお付き合いがあったのですね。
自衛官さん、バリア張ってましたか^^;

■コストさん
この近くまで来られてたんですね(@Д@)
トーチカの大きさは、あまり記憶にないのですが、多分数メートルだったと思います。
普段見ている掩体壕からするとかなり小さかったです。

■ジョルノ飛曹長さん
そうですね~。
今後ますます貴重になりますからね。

■sakさん
入隊ですか?(o ̄∇ ̄o)
by とり (2011-02-20 08:46) 

春分

論点は「敗戦が幸いか」というところですか。
うーーーーん。本土決戦までやっていたら日本全土が沖縄のような様子かな。
北海道はロシアに取られ、今の人口も1割くらい少ないかな。
それでも案外「負けてよかった」とは口にしたくないが。
by 春分 (2011-02-21 22:11) 

越川隆文

昨年亡くなった父がこの地で幹部候補生で敗戦を迎えました。敗戦間近には、パイロットもおらず、整備兵が出撃し、整備兵も不足し、交戦する前に整備不良で墜落したそうです。化学戦の訓練も行われていたと、戦友の方の回顧録をいただきました。
by 越川隆文 (2013-11-21 22:28) 

とり

■越川隆文さん いらっしゃいませ
当時の状況を教えて下さりありがとうございました。
by とり (2013-11-22 07:43) 

山田 実

残りの3本の柱は、白柳式選果機の工場に沿ってあります。私の幼友達の家の工場です。中学ぐらいまで、このあたりでよく遊びました。この近くに、飛行場の宿舎が残されていて、市営住宅として貸されていました。私は、そこで生まれ、中一までその長屋に住んでいました。今は跡かたものこっていません。

by 山田 実 (2015-11-19 09:43) 

とり

■山田 実さん いらっしゃいませ
貴重な情報をありがとうございます。
縁深い場所なのですね。
次の機会に探してみます。
ありがとうございました。
by とり (2015-11-20 05:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: