So-net無料ブログ作成
検索選択

旧中標津空港(旧海軍標津第一飛行場)跡地 [├空港]

   2010年6月訪問 

中標津.png

前記事からの続きです。

終戦の前年、オレンジの線で示した「海軍標津第一飛行場」が着工しました。

完成直前に終戦となり、戦後は旧海軍の滑走路、誘導路をほぼそのまま活用して、

「(旧)中標津空港」として使用していました。

そして1989年から現在の滑走路を使用するようになりました。

 

中標津ぐーぐる.png

2010年9月現在のグーグル写真

まだ滑走路、誘導路、エプロンの跡が残ってますね。

 

D20_0169.jpg

旧滑走路の周辺は現在「道立ゆめの森公園」の中の「翼とふれあいのゾーン」として整備されています。

現在のターミナルのすぐ前にあります。

以下、 「翼とふれあいのゾーン」の写真です。

 

D20_0171.jpg

園内に入ってまず目につく「飛行機ベンチ」。やっぱり木製ですね^^

右翼前縁にプレートがあるのが分かりますでしょうか。

「旧中標津空港滑走路(全文) 中標津空港は、昭和19年に旧海軍飛行場として建設されたが、完成直前終戦となった。戦後は、昭和32年に北日本航空がこの空港 を使用してセスナ機による遊覧飛行や、昭和34年には同社による札幌~中標津間にDC-3型機が就航するなど民間の飛行場としての役割を果たしてきた。昭和37年に第3種空港の指定を受け、昭和39年から建設工事を行い、昭和40年7月に、滑走路長1,200mを有する空港として供用を開始、主として不定期による運航がなされた。昭和48年8月1日に設置管理者の変更があり、中標津町から北海道に移管となった。昭和49年10月から日本近距離航空により定期便が初めて就航し、DHC-6型機により札幌~中標津間が空路80分で結ばれ通年運航が図られた。昭和55年5月にYS-11型機に機種を変更し、時間短縮と機材の大型化が図られ、また、昭和59年には千歳~中標津が新たに就航し、よく昭和60年7月には夏期間の3便体制が始まり、ジェット化に向けての期待が高まってきた。昭和60年11月にジェット化に向けた建設工事が着工され、平成元年7月に1,200mの滑走路で第1期の供用開始を迎え、24年間 供用してきた旧滑走路を閉鎖した。その後、道立ゆめの森公園の「翼とふれあいのゾーン」内でイベント空間として、新しく生まれ変わった。」

旧海軍時代から現在までを分かりやすく伝えていますね。

 

D20_0175.jpg

「翼とふれあいのゾーン」内にある「サービスステーション」。トイレが設置されてます。

・・・素敵過ぎます。(;´Д⊂)

 

D20_0177.jpg

現在は「イベント広場」になっている旧滑走路跡。左端に見えているのは"管制塔"。

 

旧中標津空港:map  


      標津郡・旧中標津空港跡地      

旧中標津空港 データ

設置管理者:北海道
空港種別:特定第三種
所在地:北海道標津郡中標津町北中
座 標:N43°34′39″E144°57′36″
面 積:116ha
滑走路:1,200m×80m(ソイルセメント) 「日本海軍航空史」より
磁方位:04/22
*座標、磁方位はグーグルアースから

沿 革
1944年     旧海軍飛行場として建設
1945年08月 完成直前に終戦
1957年     滑走路残地において北日本航空による遊覧飛行
1959年     中標津~札幌線開設(DC-3・1962年まで運航)
1962年05月 中標津空港設置許可申請
1964年     建設工事
1965年07月 中標津空港供用開始(1,200m)
1973年08月 設置管理者 中標津町から道に移管
1974年10月 日本近距離航空、DHC-6型機による札幌~中標津間定期便就航
1985年11月 ジェット化のための建設工事着工
1989年07月 (新)中標津空港供用開始(1,200m)

関連サイト:
道立ゆめの森公園   
国土地理院 1948年5月当時の写真(USA R268 93)  (完成直前に終戦。それから3年後の様子。放置状態??)
国土地理院 1965年7月当時の写真(MHO652X C10A 11) (中標津空港としてオープンした月のもの)
(■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)   
ブログ内関連記事       


コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 9

鹿児島のこういち

サービスステーション、最高だねぇv(`∀´v)あの管制塔のようなガラス貼り!格納庫出入り口のような庇!言う事なし(^O^)

関連サイトをクリックすると、全てヤフーのネットショッピングサイトへ!携帯だからかなぁ?
by 鹿児島のこういち (2010-09-26 15:18) 

sak

懐かしい~♪
仕事で中標津に行った時、ここで時間つぶしてました(^^

by sak (2010-09-26 19:06) 

まめ助の母

中標津は友人がしばらく暮らしていました
今はしがない埼玉暮らしです(^_^)

あれだけ滑走路跡が分かると嬉しいですね!
あのサービスステーションは恐いです!
by まめ助の母 (2010-09-26 20:22) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。

■鹿児島のこういちさん
いいですよね~^^
>関連サイト
PCではちゃんとリンク先に飛ぶのを確認したのですが、携帯で試してみようとしたところ、
旧中標津空港のページそのものが表示されませんでした。な、なぜだろう??
一つ前の中標津空港のリンクで試してみたら、ちゃんと飛んだり、「容量不足」とエラー表示になったりしました。
携帯でPCのサイト閲覧というのは無理があるんでしょうか??
ちなみにオイラの携帯は四年以上前の古いものです^^;

■sakさん
おお、ご存知でしたか! ここいいですよね~^^

■まめ助の母さん
そんな縁のある土地でしたか^^
>恐い
え? そうですか??
何故だろう、プロ視線だと分かる何かが??
by とり (2010-09-27 07:57) 

guchi

ついに『ふれあいゾーン』登場しましたね。
旧滑走路が残されているだけでも凄いのに
DC3風の木製ベンチ、管制塔風のフライトステーション
当然、2階に登れる構造ですよね、とりさん~
by guchi (2010-09-27 11:18) 

tooshiba

とりさんが分割した根室中標津空港の全貌が明らかに!

まめ助の母さんの指摘・・・「地震や台風で管制塔が倒れそう」とかですかね?

携帯での読み込み・・・機種によっては一度に読み込めるサイズが限られているため、エラーとなる可能性はあると思います。
リンク先がおかしくなるのは、別の理由ではないでしょうか。
フレーム対応のブラウザ(実質的にPC限定?)で見ろとはねられたりはしましたが。
Javascript/CSS非対応のi-modeですと、うぃきもだめぽですし・・・(私の携帯からではリンク先URLに文字化けが起きて、「そんな記事はねえ!」って怒られました。。。ぐーぐるさん経由で「中標津空港 wiki」とやると、勝手に変換してくれて表示されはしましたが。)

記事中リンクについては、ある程度古い携帯(フレームやJavascript/CSSに非対応のもの)をお使いの方であれば、パソコンで見たとき用と考えた方が良いかもしれません。
by tooshiba (2010-09-27 12:03) 

ジョルノ飛曹長

ちょっぴり古い滑走路が残っているところがナイスな飛行場ですねー。^^

by ジョルノ飛曹長 (2010-09-27 12:38) 

鹿児島のこういち

今日は、上の子の手術で病院にいます。
関連サイトの件ですが、ブログを閲覧した日の夜8時頃には、クリックしたら普通に見れるようになってました。
この携帯はソフトバンクなんですが、tooshibaさんの仰せの通り、携帯のPCブラウザでならソネットの皆さん全てのブログが見る事ができます。しかし、スクロールが大変ですΣ(T▽T;)
なぜかしら、とりさんのブログだけは、携帯ブラウザでも、全部閲覧できるんです。しかも普通に写真まで全てo(^-^)o
今回、たまたま関連サイトへ飛ばなかったんですがf^_^;携帯ブラウザでは、他の皆さんのブログは写真が欠けたり、たまに文章が飛んだりします。

不思議だぁ(^O^)
by 鹿児島のこういち (2010-09-27 15:22) 

とり

■guchi
>2階に登れる構造
Σ(゚Д゚;)その発想がありませんでした。
しまった~!!

■tooshibaさん
>母さんの指摘
そういうことかもしれませんね。
なにしろプロですからね。シロートには見えない何かが見えているのかもしれません。。。
携帯での読み込みの件、詳しくありがとうございます。
鹿児島のこういちさんのレスからすると、tooshibaさんのコメントが適切だったみたいですね。
カ、カッコイイ…(*´∀`*)ポッ

■ジョルノ飛曹長さん
たまりません。

■鹿児島のこういちさん
手術とのことですが、経過はいかがでしょうか。
どうぞ順調に回復しますように。

携帯での閲覧の件ですが、リンクのこと、不思議ですね~。
オイラのブログはちゃんと閲覧できるのですね。よかったよかった^^
あまりいじらずに(いじれないとも言う)シンプルなブログだからかしらん。
by とり (2010-09-27 22:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: