So-net無料ブログ作成
検索選択

蕃昌飛行場跡地 [├空港]

  2011年10月 訪問 

無題2.png

前記事の「関宿滑空場」の南東約4.7kmに「千葉県‎野田市‎七光台(ななこうだい)‎」にあった「蕃昌(ばんしょう)飛行場」。

2015/6/16追記:ここはずっと名称不明のため、仮に「七光台の飛行場」としていたのですが、再生おじさんから飛行場名等情報頂き、記事修正致しました。詳しくはコメント欄をご覧くださいませ。再生おじさんありがとうございましたm(_ _)m

1947年当時の写真(下記リンク参照)を見ると、ここに滑走路が写っています。

上図は1947年当時の写真の通りに線を引いてみたのですが、写真の一部がぼやけており、

おおよそこんな位置だと思う。という程度のものです。ご了承くださいませ。

これで長さはちょうど1,000m。

周辺は大型店舗、住宅密集地で、一部昔ながらの広い区画が残っていました。

滑走路の地割は残っていないようです。

 

D20_0337.jpg

・A地点。

七光台小学校の角から。多分こんな風に滑走路が伸びていたと思います

 

蕃昌飛行場:map   


      千葉県・蕃昌飛行場跡地     
未確認ですが、「滑空練習場として建設中に終戦」という情報があります

蕃昌飛行場 データ
空港種別:陸上飛行場
所在地:千葉県‎野田市‎七光台‎
座 標:N35°58′51″E139°51′02″
滑走路:1,000m?
磁方位:12/30
*座標、磁方位はグーグルアースにて算出

沿革
1943年 着工
1945年 未完のまま終戦

関連サイト: 
国土地理院 1947年9月当時の写真(USA M452 15) (■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)     
ブログ内関連記事       


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 2

再生おじさん

とりさん こんにちは~

近くまで行ったついでに興風図書館で調べてきましたよぉ~
(*・ω・)-ω-)・ω・)-ω-)ゥィゥィ♪

野田地方文化団体協議会、昭和60年8月15日発行
「終戦40周年記念・野田地方終戦前後記 くりかえすまい」

P81 「蕃昌飛行場の跡」
「蕃昌は「蕃昌っ原」といわれた位平坦な松林であり、此処に飛行場を作るべく工事が始められたが、殆ど人力による外ない為、伐採、樹根の除去、整地に手間取って、未完成のまま終戦になった。この時切り開いた跡が、現在の蕃昌の工業団地になっている。戦後もと七福村の七をとって七光台と呼んでいる。」 とあり、P152の年表の昭和18年の欄に、「この年、現七光台地区に飛行場建設工事始まる」とあります。

文面から地元では「蕃昌飛行場」と呼ばれていた様です。
by 再生おじさん (2015-06-13 17:22) 

とり

■再生おじさん
おおおお、ここはずっと名称不明だったんですよね。
貴重な情報ありがとうございました。
ちゃんと図書館に資料があったのですね~。
ここは図書館行ってなかったや。
記事修正しました。どうもありがとうございましたm(_ _)m
by とり (2015-06-13 21:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: