So-net無料ブログ作成
検索選択

西原(東、小那覇、与那原)飛行場跡地 [├空港]

  2012年1月 訪問 

無題2.png

沖縄県‎中頭郡‎西原町にあった「西原(東、小那覇、与那原)飛行場」。

旧日本陸軍の小型機専用飛行場、「西原(東、小那覇)飛行場」として着工したのですが、

当飛行場の設定は沖縄本島では最も遅く、第32軍の飛行場部隊が沖縄に来駐した昭和19年4月中旬ごろから

用地接収に動き出したのですが、その後工事中止。

その後米軍が「与那覇飛行場」と名付け、誘導路、駐機場を備えた爆撃機専用飛行場として建設しました。

当時の写真(下記リンク参照)を見ると、米軍が建設した滑走路、誘導路、駐機場がクッキリ写っています。

 

D20_0083.jpg

現在も周辺では開発が進められており、ここに飛行場があったという面影は残っていませんでした。

 

西原(東、小那覇、与那原)飛行場跡地:map  


      沖縄県・西原(東、小那覇、与那原)飛行場跡地     
約39haの農地を接収して建設したのだそうです

西原(東、小那覇、与那原)飛行場 データ
設置管理者:旧日本陸軍→米軍
空港種別:小型機専用飛行場→爆撃機専用飛行場
所在地:沖縄県‎中頭郡‎西原町‎小那覇‎
座 標:N26°13′40″E127°46′26″
滑走路:800m(日本軍時代)→2,130m(米軍時代)
磁方位:04/22
*座標、磁方位はグーグルアースにて算出

沿革
1944年 04月中旬用地接収開始
       05月10日着工。32軍の作戦変更に伴い工事中止
       その後米軍が拡張整備するが、航空基地統廃合により放棄

関連サイト:
国土地理院 1945年12月当時の写真(USA M22 4) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック)
ブログ内関連記事       


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: