So-net無料ブログ作成
検索選択

三菱重工(株)名古屋航空機製作所飛行場跡地 [├空港]

  2010年7月、2016年6月 訪問 

無題4.png
1937年測量(旧1万地形図 リスト番号o599 図名 名古屋港) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック。) 
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成)



2016/8/22追記:飛行場の場所が確定したため記事修正しました。

名古屋港にある「三菱重工(株)名古屋航空機製作所飛行場」。

これまでずっと場所が不明で、「ホントにあったのかしらん」と半信半疑だったのですが、

「航空路資料 第4 昭10-1 中部地方不時著陸場」(下記リンク参照)

に飛行場の地図が出ており、やっと場所確定することができました。

この情報は、tuka@北海道さんから情報頂きました。tuka@北海道さんありがとうございましたm(_ _)m 

同資料内で「三菱重工(株)名古屋航空機製作所飛行場」のことは、「1934年3月調査」となっており、

飛行場の地図も恐らくその頃のものと思われます。

当然のことながら滑走路とその周辺には建物などなくクリーンな状態です。

先頭の地図は1937年測量ですから、4年後のものと考えられるのですが、

滑走路の両端部分に建物らしきものが描かれています。

「三菱重工(株)名古屋航空機製作所飛行場」は後に使用しなくなった。とのことなのですが、

もしかすると、1937年の時点で既に使用しなくなっていたのかもしれません。

DSC_0074.jpg

滑走路方向。

現在は巨大な建物で埋め尽くされています。

 

D20_0126.jpg

D20_0128.jpg

おまけ:「三菱大江工場」

あの零戦を作った工場です。

製造した零戦は、一旦分解して牛車に載せ、約50kmを24時間かけて各務原まで運んだ」。

この有名なエピソードは検索するといくらでも出てきます。

大半が自虐的な論調ですが、中には興味深い解説もあり、見ていて面白いです。


      愛知県・三菱重工(株)名古屋航空機製作所飛行場跡地     
周辺の三菱重工、三菱自動車工業、東レ、グラウンド等の敷地も当時は三菱大江工場だったのだそうです。終戦までに航空機18,000機,同エンジン52,000基を製作しました

三菱重工(株)名古屋航空機製作所飛行場 データ
設置管理者:三菱重工業
所在地:愛知県‎名古屋市‎港区‎大江町‎
座 標:N35°05′12″E136°53′32″
滑走路:300mx200m
方 位:14/32
標 高:1m
(座標、滑走路長さ、方位、標高はグーグルアースにて算出)

沿 革
1920年 三菱内燃機製造株式会社名古屋工場(現在の大江工場)開設
1921年 三菱内燃機株式会社名古屋工場に名称変更
1928年 三菱航空機株式会社名古屋工場に名称変更。(分離)
1934年 三菱重工業株式会社名古屋航空機製作所に名称を変更。(統合)
1950年 財閥解体により旧三菱重工業は東日本重工業、西日本重工業、中日本重工業に分割される

関連サイト:
アジ歴  
三菱重工/名古屋航空宇宙システム製作所    
Wiki/三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所   


コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 9

Takashi

なんというか、後先考えなかったんですかね。
普通に考えても、一度作ったものを分解するっていうほうが間違っていますよね。
by Takashi (2010-11-28 08:08) 

鹿児島のこういち

現在の大江工場も広いですねぇ、220.100平方メートル。66.700坪!さすが工場(^O^)
戦中、拡張に合わせてなぜ、飛行場も造らなかったのでしょうね?大江工場だけではないですからね(^O^)自分の考えでは、日清日露戦争にと勝ち続け、日本国民のほとんどが全体を見る事が出来なくなったからだと思います。一つの事しか見えない。日本人のいいところでもあり、悪いところでもあります。見ようとしたら、おそらく大東亜から太平洋戦争へとは繋がらなかったと思うのですが。

来年、1月20日は、H2Bロケットで「こうのとり」が打ち上げられます。この大江工場や飛鳥工場で造られてるんですよね、楽しみですよ(^0^)/
by 鹿児島のこういち (2010-11-28 09:02) 

セバスちゃん

こんな所にも飛行場があったんですね。
僕は、お仕事で何十回と伊勢湾岸道を往復してたのですが。
新日鐵側が気になってまして反対側は、ノーマークでした。
でもマークしていても、ちょっと遠すぎるかも<笑>
by セバスちゃん (2010-11-28 14:57) 

tooshiba

中で何が作られているか、部外者が窺い知ることは不可能なわけですが、MRJのパーツも作り始めているんでしょうね。
柵越しの駐車場は、三菱車ばかりだな。
by tooshiba (2010-11-28 18:41) 

masa

牛車で運んだというのが時代を感じます。
いちいち分解するってのもかなりの手間ですね。
by masa (2010-11-28 20:53) 

雅

飛行機とかは最新鋭の作ってても、インフラ整備には金かけられなかったんですよね。
全体を見ることができる政治家はいなかったんですかね?
いても、軍に抹殺されてたのかな?
by (2010-11-28 22:58) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。

■Takashiさん
オイラもそう思ってたのですが、「工場で完成した機体は…鈴鹿の航空廠へ運ばれ、そこで各種装備を搭載して引き渡されます。
ですから工場完成後にそのまま飛行させるメリットは考えるほどに大きくありません。」
という意見が紹介されてました。


■鹿児島のこういちさん
日清日露戦争の影響ですか。うーむ、考えたこともなかったです。
ありがとうございました。
>「こうのとり」
年が明けてからの打ち上げなのですね。楽しみです^^

■セバスちゃんさん
>新日鐵
Σ(゚Д゚;) オイラはそちらがノーマークでした。

■tooshibaさん
>柵越しの駐車場
そこに目が行くところが流石です^^
オイラにはランエボしか判別できませんですた。

■masaさん
本当に時代ですね~。
今からではかんがえられないことですね。

■雅さん
こちらに面白いサイトがありましたよ。
ttp://www.warbirds.jp/discussion/g0225.html
by とり (2010-11-29 18:57) 

sak

ここで零戦作っていたのですね
なんか想像しちゃいました(^^
牛車でってすごいなぁ...
運ぶのたいへんだけど
工場と飛行場離れている方が
飛行場攻撃されたとき工場も一緒にやられないからいいかも
って素人の考えですね(^^;
by sak (2010-12-07 09:43) 

とり

■sakさん
こういう場所がちゃんと残っているのがすごいですよね。
>一緒に
!! その発想はありませんでした。
言われてみれば確かにそういう利点はありますね。
by とり (2010-12-07 20:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0