So-net無料ブログ作成

滋賀飛行場跡地 [├空港]

  2010年11月 訪問 

無題a.png

琵琶湖南部、 滋賀県‎大津市にあった「滋賀飛行場」。

滑走路の跡地が細長い地割でほぼそのまま残っていて、学校、幼稚園、保育園と、見事なほど子供たちのための施設が並んでいます。

防衛研究所収蔵資料「海軍航空基地現状表 内地之部 舞鶴鎮守府航空基地現状表」
の中で、当飛行場について一部次のように記載がありました。

基地名:滋賀 建設ノ年:1944-4 飛行場 長x幅 米:1000x60コンクリート 主要機隊数:予科練習生 主任務:教育 隧道竝ニ地下施設:居住、倉庫、工業場(520平米) 他ニ比叡山ニ工事中 其ノ他記事:叡山ニ射出機装備桜花訓練基地

D20_0094.jpg

・A地点。真っ直ぐ奥に向かう道の左側が滑走路のはず。

 

D20_0083.jpg

・B地点。

唐崎駅前のロータリーの中に碑が設置されていました。

平和記念碑(全文)第二次世界大戦中 この地にあった海軍航空隊では、約1万人もの若者が厳しい特別訓練を受け 全国各地の実戦基地に特攻隊要員として配属され 愛する祖国のために 多数のものが帰らぬ人となった。 この記念碑は 戦後50周年を期に若くして逝った人々への哀悼と戦争の空しさ、平和の尊さを後世に伝えんがため、生き残った隊員達の手によって この思い出の地に建立されたものである。1995.8.15

碑の裏側には銅板がはめ込まれていました。

滋賀海軍航空隊年譜(全文)
昭和19(1944)年6月12日 甲飛13期予科練習生 約1,000名 三重海軍航空隊 奈良分遣隊より転入隊。
同年7月1日 三重海軍航空隊 滋賀分遣隊として開隊。
同年8月1日 甲飛14期予科練習生 約2,000名 同じく奈良分遣隊より転入隊。
同年8月15日 滋賀海軍航空隊となる。
同年9月3日 13期練習生の一部 第1次水中特攻隊に転隊。
同年9月30日 飛行専修15期予備学生 約400名 入隊。
同年10月1日 甲飛15期予科練習生 約3,000名 入隊。
同年10月3日 飛行専修2期予備生徒 約200名 入隊。
昭和20(1945)年3月26日 13期練習生の一部 第2次水中特攻隊に転隊。
同年4月1日 甲飛16期予科練習生 約1,000名 入隊。
同年4月24日 14期練習生の約300名 水上特攻隊に転隊。
同年6月1日 15期予備学生 砲術学校館山分校に転出。
同年6月15日 13期練習生の一部 航空特攻伊吹部隊に転隊。
同年6月20日 2期予備生徒 砲術学校館山分校に転出。
同年6月 14期練習生の一部 三重空経由 野辺山秋水特攻部隊に転隊。
同年8月15日 敗戦
同年11月30日 滋賀海軍航空隊 解隊。

 

滋賀飛行場:map  


      滋賀県・滋賀飛行場跡地      

滋賀飛行場 データ

設置管理者:旧海軍
空港種別:陸上飛行場
所在地:滋賀県‎大津市‎際川‎3丁目‎
座 標:N35°02′33″E135°51′54″
滑走路:1,000m×60m 「日本海軍航空史」(終戦時)より
方 位:02/20
(座標、方位はグーグルアースから)

沿革
1944年07月01日 三重海軍航空隊滋賀分遣隊開隊
        08月15日 滋賀海軍航空隊となる
1945年11月30日 滋賀海軍航空隊解隊

関連サイト:
国土地理院 1947年12月当時の写真(USA M681-1-1 8) (■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)   


コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 12

鹿児島のこういち

道、まっすぐ。空港はここにありましたよぉ~って言わんばかり(^O^)
地図から見ても、あかね町だけを取ると、琵琶湖と空港に沿って街を区画しましたよって感じ(^0^)/
by 鹿児島のこういち (2011-05-09 10:22) 

ジョルノ飛曹長

今回もすごいですね。
飛行場版ブラタモリのようです。^^
by ジョルノ飛曹長 (2011-05-09 13:00) 

sak

琵琶湖の周りにもいろんな飛行場があったのですね

by sak (2011-05-09 20:09) 

takechan

琵琶湖のすぐ脇にも飛行場があったんですね。こういう碑、今まで
気付いたことないです。目立ちそうなのに。
by takechan (2011-05-09 22:08) 

Takashi

リンク先の航空写真でも確認できました。
最近はリンク先の写真から飛行場を探すのが密かな楽しみでもあったりします^^
by Takashi (2011-05-09 22:09) 

me-co

まるで若くして散った命が見守っているように・・・
跡地に学校など教育関連が並んでいることに、何か因果を感じます。
by me-co (2011-05-10 00:59) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。

■鹿児島のこういちさん
本当にそんな風に見えますね~^^

■ジョルノ飛曹長さん
あんな濃い内容にしたいところなんですが。。。^^;

■sakさん
そうなんですよね~。
オイラもビックリでした。

■takechanさん
見つけようと思わないと見つからないものなのかもしれないですね。
地元川越の記事、初めて拝見するものばかりでしたm(_ _)m

■Takashiさん
こうやってきちんと写ってくれている箇所ばかりだと助かるんですけどね~^^;

■me-coさん
オイラも同じこと考えました。
意図的にしたことなのかもしれないですね。
by とり (2011-05-10 05:15) 

koume

普通の住宅街なのにね…こんな悲しい歴史があるんですね。
歴史はきちんと語り継いでいかないと。

by koume (2011-05-10 22:48) 

雅

お久しぶりです。
機体はともかく、せっかく訓練されたパイロットを使い捨てにするような特攻隊、なんであんな最悪な作戦を取ったんでしょうかね?
by (2011-05-10 22:59) 

pica

記念碑のそばで咲く桜が、すこしでも慰めになっているといいですね。
by pica (2011-05-11 13:18) 

コスト

>滑走路の跡地が細長い地割
ほんと地図を拡大していくとはっきりわかりますねー
次の記事の「大津飛行場」といい琵琶湖そばの立地はよほどよかったんですね

>学校、幼稚園、保育園と
コメント欄にもあるように、記念碑のとおり意図したんだと思います
ちゃんと今は平和で子供たちがいるような場所になっていてよかったです
by コスト (2011-05-15 13:06) 

とり

■koumeさん
まさかここにそんな過去が。なんて想像もつかないですよね。

■雅さん
こちらこそご無沙汰しております。
熟練パイロット、優秀な機体を欠き、訓練もままならない状況ではもうこれしか方法がないと考えられていたようですが、
全く違う方法で実績を挙げた隊長がいました。
後日アップ致します。

■picaさん
おお、そこに目がいくとは鋭いですね!

■コストさん
>立地
きっとそういうことだったんでしょうね~。
すごいかたまり方ですからね。
>平和で子供たちがいるような場所
そうですね~。
by とり (2011-05-16 20:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0