So-net無料ブログ作成
検索選択

第二鈴鹿海軍航空基地跡地 [├空港]

  2010年11月 訪問 

無題.png

使い回しの地図で恐縮ですが、今回は上の滑走路の話です。

第一飛行場の北側に作られた「第二鈴鹿海軍航空基地」。

現在は富士電機の敷地になっています。

防衛研究所収蔵資料「海軍航空基地現状表 内地之部 横須賀鎮守府所管航空基地現状表(昭和二十年八月調)」
の中で、当飛行場について一部次のように記載がありました。

基地名:第二鈴鹿 建設年:1942 飛行場長x幅 米:1500x800ノ内1500x60アスファルト 主要機隊数:小型1.0 中型2.0 主任務:作戦 隧道竝ニ地下施設:居2.500平米 指揮所、電信所、燃料庫、爆弾庫、w兵4.360平米 倉庫、工業場 掩体:大型無蓋10 中型無蓋32

D20_0017.jpg

・B地点。

この道路に沿って左側に滑走路が伸びていたはずです。

 

第二鈴鹿海軍航空基地:map   


      三重県・第二鈴鹿海軍航空基地跡      

第二鈴鹿海軍航空基地 データ

設置管理者:旧海軍
空港種別:陸上飛行場
所在地:三重県‎鈴鹿市‎南玉垣町‎
座 標:N34°51′40″E136°34′44″
滑走路:750m×30m
磁方位:11/29
*座標、磁方位はグーグルアースにて算出

関連サイト:
国土地理院 1947年11月当時の写真(USA R470 93) (■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)   
コメント(6)  トラックバック(0) 

コメント 6

まめ助の母

飛行場跡などのこのまっすぐな道
気持ちがよくて好きです!!
by まめ助の母 (2011-05-30 07:08) 

夢空

鈴鹿は、与作どんが、昔々住んでいた町です(o^―^o)
by 夢空 (2011-05-30 08:55) 

Takashi

第一と第二も含めて、広大な敷地に軍の施設があったんでしょうね。
by Takashi (2011-05-30 21:36) 

ジョルノ飛曹長

滑走路が結構離れていて珍しいですねー。
陸攻が使っていたのかも・・
by ジョルノ飛曹長 (2011-05-31 08:39) 

鹿児島のこういち

この第一第二鈴鹿海軍航空基地には、終戦にはかなりの機体があったそうで、彗星や九十九式艦爆もあったそうです。
載せる空母がなくて、ここにいたのでしょうか?
メッサーシュミットに似た軽量爆撃機彗星は、水冷でエンジン構造が複雑、当時は稼働率が悪かったみたいですが、ここにいたとは(^O^)漫画、ジパングのサイパン戦でも出てきますね(^0^)/
ちなみに、稼働率悪いから、空冷もあったって知ってました?f^_^;
by 鹿児島のこういち (2011-05-31 16:24) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。

■まめ助の母さん
真っ直ぐな道、いいですよね~。
そこが滑走路跡と聞くとまた違って見えます。

■夢空さん
おお、そうでしたか。
どうもお邪魔しました^^

■Takashiさん
そうですね~。
かなりの規模でした。

■ジョルノ飛曹長さん
ジョルノ飛曹長さんがご覧になってもこれは珍しい部類なんですね。

■鹿児島のこういちさん
>彗星や九十九式
そうだったんですか。知りませんでした。
>空冷
「工場の外に首無し機が並んだ」ってやつですね。何かで読んだことあります。
by とり (2011-06-01 06:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: