So-net無料ブログ作成

大刀洗南飛行場跡地 [├空港]

   2011年5月訪問、2017/9/9:更新  



無題5.png
1947年11月(USA M664-1 102)   
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成)

福岡県‎朝倉市にあった「大刀洗飛行場」(大刀洗飛行場)。

防衛研究所収蔵資料:「飛行場記録 第12飛行師団司令部」(陸空-本土周辺-120)昭和二十年九月十七日

の中に「大刀洗南飛行場記録」がありました。

以下引用させて頂きます(上のグーグルマップは、同資料の「要図」を参考に作図しました)。

判決
自重七屯以下の飛行機の使用に適す

飛行地区
滑走地区 一三〇〇x一五〇〇 
舗装路 なし
土質 砂貭壊土
地表面の状況 表面張芝にして地耐力稍可
周辺障碍物の有無 飛行場より北西一粁に□八二高地あり

付属地区
誘導路 二〇〇〇x十五
宿営 三角兵舎三棟 家屋一棟あるも収容力なし
夜間着陸設備 なし
動力線 なし
電灯線 なし
給水 (記載なし)

其の他
風向 北西(恒風)

実は同資料では、終盤の頁で当飛行場の「要図」と「飛行場記録」がコンパクトにまとめられて再登場しているのですが、

両者には1ヵ所だけ差異がありました。

・判決:「自重七屯以下の飛行機の使用に適す」→「自重12頓以下の飛行機の使用に適す」

 

当飛行場は非常に有名なだけあり、様々なサイトで紹介されていて、内容もとても充実しています。

有名処の飛行場は詳しい記事を作る意欲がなくなる天邪鬼なオイラ。。。

この記事では極力他サイト様に載っている以外の内容を書きましたので興味のある方はいろいろ検索してみてください。

また、当記事作成には大刀洗平和記念館の資料、説明員様の情報を使わせて頂いています。

どうもありがとうございましたm(_ _)m

当飛行場は1919年完成で、陸軍の飛行場としては4番目に作られた非常に古いものです。
(1.埼玉県所沢 2.岐阜県各務原 3.滋賀県四日市)

大陸、南方方面に対する中継基地としての地理的条件から九州に建設が決定されました。
(当時のヒコーキの航続距離は約600kmだった)

また具体的な場所選定の条件として、
1.敵艦からの砲撃を避けるため、いずれの海岸からも40km以上離れていること
2.飛行に障害のある山がなく、十分な平野であること
3.風向きが一定で気候風土が飛行に適していること
4.用地取得が容易であること

が挙げられ、当地に飛行場が建設されることになりました。

2~4は飛行場用地としていつの時代も変わらずあてはまる条件だと思いますが、

1番目の条件は如何にも軍用飛行場ですね~。

パイロット養成校になったのですが、当初は「熊谷分校」として発足しました。

その後本校となり、関西以西と朝鮮の各地に18の分校を作りました。

説明員さんによりますと、「有名な知覧基地も当校の分校だったんだよ(エッヘン)」だそうです。

そして本校、分校合せて全国の陸軍飛行士の2/3を養成したのだそうです。

 

また当飛行場周辺には航空機工場、航空教育隊、技能者養成所、航空廠等諸施設が集まり、

東洋一と謳われた一大航空拠点となりました。

九州飛行機では一万人が働き、月産100機態勢だったのだそうです。

そして当然の如く攻撃目標となり、計7度の空襲を受けます。

特に1945年3月27日には74機のB29が、そして3月31日には106機のB29による大空襲があり、

この2回の空襲で基地は事実上壊滅したのでした。

この時の空襲では周辺の民間人、幼い子供たちも多数犠牲になりました。

D20_0192.jpg

飛行場跡地中心部はこんな感じ。

説明員の方によりますと、滑走路のない原っぱの飛行場だったのだそうです。

アギラさんから情報頂きました。「航空年鑑昭和15年」大日本飛行協会編(昭和16年発行)「學校グライダー部一覽」(昭和15年10月現在)の中で、福岡縣朝倉中學校一原會滑空部が当飛行場を使用していたという記録が残されています。アギラさん情報ありがとうございましたm(_ _)m  


      福岡県・大刀南洗飛行場跡地      

大刀洗南飛行場 データ

設置管理者:旧陸軍
空港種別:陸上飛行場
所在地:福岡県‎朝倉市‎中原‎
座 標:N33°24′17″E130°37′10″
着陸帯:1,300mx1,500m
「陸軍飛行場便覧」によれば細長い滑走路があるのでなく、「飛行場区画をいっぱいに使って2,000m」
という表現になっています。
(座標はグーグルアースから)

沿革
1919年 完成
1940年 この頃、福岡縣朝倉中學校一原會滑空部が当飛行場を使用 
1945年 3月 空襲により事実上壊滅。周辺民間人にも被害

関連サイト:
Wiki/大刀洗飛行場    
ブログ内関連記事       

この記事の資料:
大刀洗平和記念館
「陸軍飛行場便覧」
防衛研究所収蔵資料:「飛行場記録 第12飛行師団司令部」(陸空-本土周辺-120)


コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 10

an-kazu

国道も鉄道も高速も、避けるように敷かれたということは、
相当重要な施設がソコにあった・・・ということの証ですかね(^^)v
by an-kazu (2011-09-05 15:28) 

Takashi

所沢って、陸軍最初の飛行場なんですね。勉強不足でした。
航空公園に行って勉強してきます^^
by Takashi (2011-09-05 19:57) 

ジョルノ飛曹長

これがあの大刀洗飛行場ですかー。
戦記に時々登場する飛行場で、名前はよく知っておりました。(^◇^)
by ジョルノ飛曹長 (2011-09-05 20:27) 

tooshiba

>天の邪鬼
素敵・・・(´∀`*)ポッ
そうですよ。
他の人(先発の)と同じことを書いたって、仕方ないですよ。
嘘八百でない確証が得られたのなら、兄さんの“独自の調査結果”あるいは“研究から得られた推測”なんかを書きましょうよ。
でも、「ブログにそう書いてあった」なんて、誰かの卒論とか研究論文にまで引用されたりしかねませんよね。まるっとコピペで。
・・・恐ろしい時代だ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
by tooshiba (2011-09-06 01:00) 

鹿児島のこういち

陸軍が自慢する、東洋一の飛行場!大正時代に開設されてますから、まさに老舗(^O^)知覧も分校です。
なのに草原の飛行場だったんですね。フリクの少ない平らな良い土地だったんでしょうね(^O^)
次は太刀洗北飛行場でしょうか?f^_^;
by 鹿児島のこういち (2011-09-06 19:25) 

コスト

>当然の如く攻撃目標となり、計7度の空襲
やはり最初は基地から狙われますから、仕方ないにせよ7度ですか、B29多すぎ、、。
先週の沖縄旅行で、沖縄本島では未だに太平洋戦争の不発弾が見つかるという話を聞きましたが、
今田んぼになってるならちゃんと処理されたようでよかったです。

by コスト (2011-09-06 21:08) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。

■an-kazuさん
確かにそういうことなんでしょうね~。
見事に避けてますね。

■Takashiさん
大刀洗飛行場は旧陸軍の飛行場であるため、「陸軍の飛行場としては4番目に作られた」と説明されてますが、
所沢は陸軍とか海軍とか関係なしに、国内最古の公式飛行場です。
当時の滑走路跡が園内に残ってますので是非^^

■ジョルノ飛曹長さん
ジョルノ飛曹長さんなら絶対ご存じだろうと思ってました^^
戦記にも登場するのですね。

■tooshibaさん
>“独自の調査結果”あるいは“研究から得られた推測”
<(`・ω・´)了解です。
>まるっと
少し前にtooshibaさんそういう記事書いてましたよね。

■鹿児島のこういちさん
>フリク
初めて見た言葉です。調べてみたら鹿児島のこういちさんの業界用語ですね。
原っぱの飛行場って、小規模の格下なイメージだったのですが、
陸軍操縦教育のメッカ:熊谷飛行学校もこうだし、実はとても贅沢な飛行場なのかもしれないですね。
小型機限定なんでしょうけども。
>北飛行場
読みが流石ですね。次の次にアップ致します。

■コストさん
>B29
当飛行場の重要度を米側も認識していたからこそでしょうが、ビックリするような機数ですよね。
>不発弾
2008年の記事ですが、
「重量ベースで1500トン、回収弾数では137万発を超えたが、沖縄には依然、推定約2500トンの不発弾が残存。
すべてを処理するには、さらに80年から100年かかるとみられている。」
http://www.47news.jp/CN/200812/CN2008121001000769.html
だそうです。
沖縄県民にとって不発弾処理は日常です。
by とり (2011-09-07 05:44) 

コスト

また、コストです。
>80年かかる
ある道の駅でそのチラシを初めて見たので写真を撮っていると、
道の駅の職員さんとおばちゃんが説明してくれて、この四月にも修学旅行生が持って帰ろうとして空港で見つかったとか、
マニアが所蔵していて爆死したとか、処理には半径200mの住民を退避させて処理するとか
内地ではあまりニュースにならないのですが、いろいろ衝撃的な話を聞きました。
また沖縄旅行記でアップします。脱線話してすいません^^;

by コスト (2011-09-07 18:55) 

飛龍

初めまして。 このサイトを見させて戴いて 大変 感動しました。
私の父が言うには 太刀洗飛行場には 北 と 南があって 父は 北の飛行場で 飛龍の機長として 一人で哨戒飛行をしていた時に そこで 終戦を迎えた 少尉だったそうです。 89歳ですが 今でも 当時のことを 良く記憶しており キ-67の写真を 枕元に置いております。 
何かお役に立てる事があれば 父の記憶に過ぎないのですが どうぞ
ご質問下さい。
by 飛龍 (2014-11-16 21:29) 

とり

■飛龍さん いらっしゃいませ
お父様は飛龍の機長をされていた方なのですか!
お言葉に甘えて是非教えて頂きたい事があります。

・哨戒飛行はどの程度の規模、頻度で行われていたのでしょうか?
・二本の滑走路があった北飛行場とは異なり、南飛行場には滑走路がなく原っぱのような飛行場であった
 とのことですが、離着陸に用いた場所などあったのでしょうか?
・大刀洗には建設中に終戦を迎えた東飛行場があったとのことですが、この飛行場についての情報がほとんどありません。
 何かご存知の点がありましたら、ご教授頂ければ幸いです。
 http://airfield-search2.blog.so-net.ne.jp/higashi-airfield

また、北飛行場での任務の様子等教えて頂ければ幸いです。
質問ばかりで申し訳ありませんが、どうぞ宜しくお願い致します。
by とり (2014-11-17 19:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0