So-net無料ブログ作成
検索選択

高師ヶ原演習場跡地 [├空港]

  2010年11月、2016年6月 訪問 


・2014/9/8追記: アギラさんから情報頂きました。「航空年鑑昭和15年」大日本飛行協会編(昭和16年発行)「學校グライダー部一覽」(昭和15年10月現在)の中で、豐 橋第二中學校グライダー部と、豐橋市立商業學校滑空部が当演習場を滑空場として使用していたとのことです。アギラさん情報ありがとうございましたm(_ _)m

・2016/8/20追記:防衛研究所資料「航空路資料第4 中部地方飛行場及不時着陸場 昭和19.6 水路部」に当演習場の不時着場設定地区の地図があり、記事修正しました。

 

愛知県の豊橋駅南側にあった「陸軍高師ヶ原演習場」。

現在の愛知大学とその周辺の学校、高師緑地、ユニチカ等の周辺には演習場の他、軍の施設が多数設置されました。

そして演習場内に不時着場用地が設定され、演習場としての使用が禁止されたのだそうです。

「高知空港史」29,30pに、東京大阪郵便飛行競技会についての記述があります。

1922年11月3~10日まで、東京-大阪間定期式郵便飛行競技会を実施しました。競技会とはいいながら、実際の郵便物を飛行機に積み、より早く正確に運ぶのを競技するもので、航空郵便輸送のテストともいえます。

8日間毎日定期的に、東京の代々木練兵場と大阪の城東練兵場から1機ないし2機が、郵便物を積んで飛び立つ。途中の三島、豊橋、八日市飛行場の上空を必ず通過すべしというルールであった。

この競技会の第4日目に、大阪から郵便物694通を積み、午前8時40分に離陸し、東京に向かった一機が、油槽管に故障を起こし、やむなく当練兵場に不時着したという記録があります。

 

2017/3/17追記:防衛研究所収蔵「水路部 航空路資料第4 昭和19年6月刊行 中部地方飛行場及不時着陸場」の中で、

当飛行場についての非常に詳細な記述がありましたので、一部引用させて頂きます。

第4 高師ヶ原陸軍演習場(昭和17年12月調)
管理者 高師ヶ原陸軍演習場主管。
位置 愛知県豊橋市高師町
 (豊橋市の南方約4粁、34°43′5N,137°24′2E)。
種別 不時着陸場

従来着陸場として整地せられある地域は本演習場の南部突角即ち小松原街道に沿い、その西側に於て周圍の道路に依り区割せられたる三角形の境域内なり。当地域は付近所在の陸軍飛行学校の演習等の際屢基地として使用せられつつあり。

着陸場の状況
高さ
 平均水面約25米
広さ及形状
 着陸地域は概ね図示の長さ北西-南東700米、幅200-300米の略長方形地域なり(付図参照)。
地表の土質
 子砂利混りの赤色粘土。
地面の状況
 地表概ね平坦なるも全般的に南東より北西に向け3/100の下り傾斜を成す。乾燥時は地盤堅硬なり。南東部一帯は芝及雑草等繁茂せるも爾餘の大部分は裸地なり。降雨後の排水概ね良好にして水溜を生ずることなく、長雨の際は稍泥濘と為るも感想速なり。冬季(12月至翌年4月間)複製風強吹する際は砂塵飛揚す。着陸地域内には散兵壕等の障害物の構築を禁じあり。

場内の障害物
 なし。
適当なる離着陸方向
 恒風の関係と地形との関係上北西又は南東を可とす。
離着陸上注意すべき点
 南東端付近に在る比高約7米の窪地臺地(頂上に松林あり)は稍障害となるを以て注意を要す。
施設
 場の東側に陸軍所属の木造格納庫(間口47米、奥行29米、軒高4.5米)2棟。陸軍兵舎1棟あり。航空標識なし。
 


DSC_0035.jpg
現在は住宅地になっており、とてもここに演習場や不時着場があったとは想像もつきません。


      愛知県・高師ヶ原演習場跡地      

高師ヶ原演習場 データ

設置管理者:不高師ヶ原陸軍演習場主管
空港種別:不時着陸場
所在地:愛知県‎豊橋市‎曙町‎松並‎
標 点:N34°43′5″E137°24′2″
着陸帯:700m×200-300m(転圧)
標 高:25m

関連サイト:
国土地理院 1946年7月当時の写真(USA M197-A-3No1 9) (■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)   

この記事の資料:
防衛研究所収蔵「水路部 航空路資料第4 昭和19年6月刊行 中部地方飛行場及不時着陸場」


コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 9

an-kazu

不時着場などという不名誉な施設は、
残存資料が少ないのでしょうか?
by an-kazu (2010-12-19 09:17) 

koume

こういうのは軍の機密事項とかで、ご近所のお年寄りとかも知らないのでしょうか~??
私は、時々職場で、年配の入院患者さんの方に、昔話を伺ったりしています。
by koume (2010-12-19 10:23) 

sak

不時着場って決められた所があったのですね
なんだか不思議な気がします(^^
by sak (2010-12-19 17:25) 

tooshiba

今だと完全に市街地になっていて、当時の痕跡を探すのは難しそうですね。
by tooshiba (2010-12-19 19:27) 

鹿児島のこういち

そうかぁ、ここは付属型秘密基地かぁって違いますよねf^_^;
不時着場を作ったから、演習中止ってのもなんだかなぁf^_^;そんなしょっちゅう不時着はしないでしょって思いませんf^_^;
by 鹿児島のこういち (2010-12-20 07:05) 

鹿児島のこういち

午前中というか、朝は米貼れなかったけど、今宵は貼れるかなf^_^;

今朝貼ろうとしたのはこれね(^O^)

「秘密基地かぁって違いますよねf^_^;
不時着場を作ったから、演習中止ってのもなんだかなぁf^_^;そんなしょっちゅう不時着はしないでしょって思いませんf^_^;」
by 鹿児島のこういち (2010-12-20 21:30) 

とり

■鹿児島のこういちさん
こちらの記事、設定を変更しました。
ちゃんと貼れましたね(ホッ)。
これに懲りずに今後も宜しくお願いします。
オイラを見捨てないでくださいね。
>そんなしょっちゅう
同感です。
戦後、米軍も北海道に不時着場を確保してましたよね。
時代なんでしょうか。。。
by とり (2010-12-20 21:37) 

沢木忠雄

戦前の父親の写真整理しましたところ、高師が原にて、として
白の制服を着た13人の生徒らしき人と記念写真がありました。
バックは陸軍戦車です。父はダバオで戦死。高師が原現地を機会あれば訪問致します。わたしは66歳。参考記事ありがとうございます。
by 沢木忠雄 (2011-04-01 15:54) 

とり

■沢木忠雄様
この記事は飛行場に焦点を合わせたものなのでお探しの情報は得られなかったと思います。
申し訳ありません。
現地ご訪問の際は、お父様に思いを馳せる有意義なものとなりますようお祈り申し上げます。
コメントありがとうございました。
by とり (2011-04-02 05:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: