So-net無料ブログ作成

横芝飛行場跡地 [├空港]

  2012年7月 訪問 

無題.png
1947年11月当時の写真(USA R535 7) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック)
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成)


2017/3/26追記:防衛研究所収蔵資料「陸軍航空基地資料(本州、九州)昭19.20 水路部」から地図追加し、記事修正しました。

千葉県‎山武郡‎横芝光町にあった、「横芝陸軍飛行場」。

前記事の「豊成飛行場」の北東約11kmに位置しています。

上のマップは、水路部資料、1947年の航空写真、グーグルマップを比較して作図しました。

これも水路部の地図と航空写真の実際が微妙に違っていて、

特に北側に張り出した格納庫等飛行場諸施設のあるエリア(赤マーカー)が随分違うのですが、

航空写真優先で作図したところ、こうなりました。

ご了承くださいませ。

先頭の航空写真、これまでは必ず敷地全体(もしくは滑走路全体)を載せていたのですが、

このサイズでそれをやってもなんかよく分からないため、格納庫等諸施設が集まっている北側のエリアのみのアップとしました。

興味のある方はリンクから飛んでみてください。

水路部資料に当飛行場についての情報がありましたので、以下引用させて頂きます。

面積 北西_南東1,350米 北東_南西870米
地面の状況 全面植芝、平坦なるも中央稍高く周囲に向け1/500の下り傾斜を為す、硬度は普通なるも西側地区幅200米の地域は排水不良にして軟弱なり
目標 (記載なし)
障碍物 (記載なし)
離着陸特殊操縦法 離着陸方向は北北西を可とす
格納設備 木造格納庫(70x40米)1、(36x22米)3棟
照明設備 (記載なし)
通信設備 宮川郵便局(電信及電話取扱)北方約2粁
観測設備 (記載なし)
給油設備 あり
修理設備 (記載なし)
宿泊設備 横芝町に旅館1(収容員数20)あり
地方風 全年を通じては北北西風多し 平均風速6.4米/秒
地方特殊の気象 最近の統計に據れば快晴日数50.4、曇天日数149.5 降水日数159.2 降雪日数5.9霧日数28.2なり
交通関係 横芝駅(総武本線)北方約2粁、同駅より「バス」の便あり
其の他 (記載なし)
(昭和18年4月調)

D20_0179.jpg

「栗山平和公園(マップの青マーカー)」。

公園の一角に碑文がありました。

横芝飛行場之跡(全文)
 横芝飛行場は、昭和13年に当時の陸軍航空本部により、旧横芝町から旧上堺村にまたがるこの周辺の土地、約170ヘクタール(約170町歩)を買収して建設されたものである。初めは、水戸陸軍飛行学校横芝分校であったが、後には、仙台飛行学校横芝教育隊となり、練習機を交え80機以上の航空機が置かれ、操縦学生や通信学生たちの教育に当たっていた。しかし、先の太平洋戦争末期には、この飛行場も標的となり、連日のように爆撃を受けるなど、激しい攻撃にさらされ、これに伴い、周辺地域を中心に本町住民も戦争の災禍を被り、暗い一時期を過ごすこととなった。以来、戦局は険しさの一途をたどり、ついに終戦を迎えるに至ったが、この飛行場は、ここで育まれた航空兵たちにとっては、終生忘れ得ぬ揺籃の地となり、町民としても、戦争と平和を語るとき、欠くことの出来ないところとなった。ついては、ここに未来永劫の平和を願い、横芝飛行場記念碑を建立し、歴史のあかしとして後世に伝えようとするものである。平成5年3月吉日 横芝町長 實川堅司郎


      千葉県・横芝飛行場跡地      

横芝飛行場 データ

設置管理者:旧陸軍
空港種別:陸上飛行場
所在地:千葉県‎山武郡‎横芝光町‎栗山‎4476-1
座 標:N35°38′42″E140°30′14″
面 積:170ha
着陸帯:1350m×870m?
*座標はグーグルアースにて算出

沿革
1938年 陸軍航空本部、飛行場建設
1945年 03月20日から海軍攻撃254飛行隊が使用(ななしさんから情報頂きましたm(_ _)m)

関連サイト:
ブログ内関連記事       

この記事の資料:
現地の碑文
防衛研究所収蔵資料「陸軍航空基地資料(本州、九州)昭19.20 水路部」


コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 9

鹿児島のこういち

>未来永劫の平和を願い
昨日、海上自衛隊60周年の観艦式があったではないですか。総理の挨拶で我が国を取り巻く云々という発言からして、やっと認知したのかなって思いと、これから先どのような対処をするのだろうか?とちょっと不安になりつつあります。未来永劫の平和は、なかなか実現しづらいものなんでしょうね?
by 鹿児島のこういち (2012-10-15 09:59) 

Takashi

飛行場を作る=標的になるんですね。改めて実感しました。
by Takashi (2012-10-15 22:08) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。m(_ _)m

■鹿児島のこういちさん
仰る通りですね。
平和な世の中になって欲しいものです。

■Takashiさん
そうなんですよね。
土地を接収され、建設、維持管理に駆り出され、重要目標にもされてしまうという。。。
率先して地元に誘致した人もいた訳で、胸中如何ばかりでしょうか。
by とり (2012-10-17 05:40) 

koume

こういう場所が近くにあると、民間人も被害が大きくなりますね。
大変だったでしょうね…当時は。
平和な時代に生まれて、幸せだと思います。
by koume (2012-10-17 21:25) 

とり

■koumeさん
平和な今の時代が有り難いことですね。
お返事が遅くなり申し訳ありません。
by とり (2013-03-09 18:32) 

ななし

 S20.3.20 より 海軍攻撃254飛行隊が使用と戦史にかいていました。
by ななし (2013-06-11 08:03) 

とり

■ななしさん いらっしゃいませ
記事に反映させて頂きました。
貴重な情報感謝致します。ありがとうございましたm(_ _)m
by とり (2013-06-18 20:35) 

NO NAME

陸軍の飛行場であったが、大戦中は海軍艦上攻撃の訓練基地として使われていました。 その名も雷風雷撃隊、夜間の網訓練は海軍航空隊でも有名で、隊長は特攻隊として使われたくない一心で、夜間訓練に力を入れたそうです
by NO NAME (2016-02-16 00:59) 

とり

■NO NAMEさん
貴重な情報ありがとうございます。
「大戦中は海軍艦上攻撃の訓練基地として使われていた」とのことですが、
現地の碑文では陸軍系の教育隊が使用としか記されておらず、
一つ上のコメントでななしさんから、末期の時期に海軍攻撃254飛行隊が使用とご教授頂き、
これが特攻の訓練であったことについてはこちらでも確認がとれたのですが、
末期に限らず大戦中海軍が使用していたかどうかについては確認できませんでした。
恐れ入りますが、何か確認可能な資料等ありますでしょうか?
by とり (2016-02-17 05:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0