So-net無料ブログ作成

二宮忠八飛行館 [├場所]

  2010年11月 訪問 

D20_0182.jpg

 

D20_0203.jpg

香川県‎仲多度郡‎まんのう町‎に道の駅「空の夢もみの木パーク」があり、その隣に「二宮忠八飛行館」があります。

当地は1889年、23歳の二宮忠八が滑空するカラスを見て飛行原理を発見した記念すべき場所です。 

 

D20_0186.jpg

 

D20_0201.jpg

 

D20_0190.jpg

開館と同時に入ったのですが、見学者は結局最後までオイラ1人でした。

オイラ以外に見学者がいなかったからだと思うのですが、カシャカシャ撮っていたら

スタッフの方から「照明落としましょうか?」と言われました。

とても親切な方でした。ありがとうございました。m(_ _)m

 

二宮忠八とライト兄弟で思いつくままにいろいろ書いてたらすんごい量になってしまったので別記事にしました。

明日から2記事に分けてアップ致しますので興味のある方は覗いてやってください。

例によってマニアックな記事なので興味のない方は引いちゃうと思います ^^;  

 

二宮忠八飛行館:map   


      香川県・二宮忠八飛行館      

二宮忠八飛行館 データ

運 営:まんのう町仲南支所
休館日:毎週水・木曜日、年末年始(12/29~1/6)
開館時間:10:00~16:00
入館料:一般300円(団体200円)、小人150円(団体100円)
所在地:香川県‎仲多度郡‎まんのう町‎追上‎358-1
座 標:N34°09′17″E133°49′20″
*座標はグーグルアースにて算出

関連サイト:
公式ホームページ    
空の夢もみの木パーク   


コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 12

masa

面白そうな飛行館ですね。
初期の飛行機を見ると、ちゃんと飛ぶのかな?
とか不安になりますよね。
by masa (2011-07-03 09:37) 

an-kazu

787を見に行きましたか(^^)v
by an-kazu (2011-07-03 11:25) 

春分

「二宮忠八飛行館」がありましたか。知りませんでした。
ガラガラの無用な箱物は多いですが、これをつくったのは快挙ですね。
こういうのは大切にして欲しいですね。
さて、今日は羽田に行ってたのかと思ってましたが。
by 春分 (2011-07-03 19:06) 

ひろ茶

4枚目の飛行機、とびうおみたいでかわいいですね。
あ、二宮さんがひらめいたときのカラスなのか!w
by ひろ茶 (2011-07-03 19:34) 

北宇のピューマ

香川県にこんな施設があったとは知りませんでした!二宮忠八は日本の航空界のパイオニアの様な方と思い、私も尊敬しています。とりさんのおかげでまた行ってみたい所が増えました。
明日からの関連記事楽しみにしています ^o^V
by 北宇のピューマ (2011-07-03 19:48) 

ハイマン

こういうローカルさが素敵^^

by ハイマン (2011-07-03 22:03) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。

■masaさん
面白い所でした^^
>初期の飛行機
確かにそうですね~。

■an-kazuさん
何人かの方に聞かれましたが、残念ながら行ってませんよ^^;

■春分さん
>快挙
おお、春分さん高評価ですね(@Д@)
こういう施設は増えて行って欲しいです。
昨日は地元で大人しくしておりました。

■ひろ茶さん
とびうおと言われれば、とびうおにも見えますね^^

■北宇のピューマさん
この方の本拠地は建立した飛行神社と資料館のある京都ですからね。
オイラも最近になってたまたま知りました。

■ハイマンさん
確かにローカルですね~。^^
by とり (2011-07-04 06:46) 

noriho-

今までに二度立ち寄ったのですが、共に休館日で中に入れず
残念な思いをしています。
by noriho- (2011-07-04 10:34) 

鹿児島のこういち

写真の飛理の原理発見の「飛理」って何と読むのですか?携帯では判読不能です(^O^)
意味は「飛ぶためのことわり」ってことなんでしょうね(^0^)/
by 鹿児島のこういち (2011-07-04 19:02) 

Takashi

スタッフの方の心遣い。嬉しいですね。
地元の博物館で、同じような出来事がありました^^
by Takashi (2011-07-04 19:27) 

コスト

二宮忠八は、漫画「日露戦争物語」で愛媛県八幡浜市の出身だと知ってましたが、
この飛行館は香川県にあるんですね~
まんのう町ってたぶん合併してできた町名でしょうが、
土讃線沿いにあったんですね。
毎回帰省で特急で通過してるのに初めて知りました。
マニアックでも誰かがアップしないとネットの世界には存在しない情報になるので、
マニアックな記事賛成です!^^
by コスト (2011-07-05 00:47) 

とり

■noriho-さん
それは残念でした~。
次こそは見学できるといいですね。

■鹿児島のこういちさん
「飛理」は「ひり」とルビがついてました。
意味はオイラもそういうことだと思います。

■Takashiさん
Takashiさんもありましたか!
こういう心遣いは嬉しいですね^^

■コストさん
漫画「日露戦争物語」というのは、あの江川さんの漫画でしょうか?
漫画の中に登場するとは意外です。
>マニアックな記事賛成
ありがとうございます。
それじゃ、くうき読まずに書き倒しますよ(o ̄∇ ̄o)ニヤ
by とり (2011-07-06 06:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0