So-net無料ブログ作成

787デリバリー 新スケジュール発表 [├雑談]

18日にボーイングから787デリバリーの新スケジュールが発表されました。

2011年第3四半期(7~9月)だそうです。

某サイトでは「来年になっちゃうんじゃないの?」などと言われていたのですが、

ともかくボーイングは今年中に出すつもりです。

当ブログではわりとまめに787ネタを追っかけていたのですが、

直近の記事は2010年8月のものでした→    

少し間があいてしまったので、その間の787関連ネタを並べてみます。

 

2010年8月27日
 787初号機デリバリーを2011年第1四半期半ば(2月?)に変更。ロールスロイスエンジン供給遅延、水平安定板の製造上の問題、、テスト機への搭載器材の積み降ろし等の問題のため

2010年9月3日
  各フライトテスト機による試験続く。離陸中断、高温、極寒地域での運用、飛行荷重、着氷等、各試験が行われる。

2010年9月13日
 機体疲労テスト開始。航空機の商業運航可能期間に予想されるフライトの3倍の回数を想定したテストを行い、長期間継続して運航を繰り返した場合の構造や材料の疲労に対する強度を調べる。米連邦航空局の認可取得には、航空機の商業運航期間に予想される2倍の回数を想定したテストが必要とされることから、ボーイングでは初号機のデリバリーまでに10,000回の模擬フライトを実施する予定。

2010年10月4日
 フライトテスト6号機(ZA006)がテストを開始。これで予定していた全6機体制に。これまでに着氷テスト、騒音テスト等を完了し、初期の787型機に必要な離陸や操縦性能テストは完了。フライトテストはこれまでに1,900時間以上、620回以上のフライトを実施しており、ロールスロイス製エンジン搭載機に必要なフライトテストの65%以上を完了。また、4,000時間以上の地上テストを成功裏に完了。

2010年11月9日
 フライトテスト2号機(ZA002)、飛行中に機内の電気系統で火災が発生し、主電源が停止。機は緊急着陸。他テスト機によるフライトテストプログラムを延期することを決定。

2010年11月11日
 フライトテスト2号機(ZA002)緊急着陸についての最新情報発表。発火元は"P100パネル"で、火は断熱材によって自動消火された。P100パネルは、機体後部の電子機器格納室に搭載されている複数の電源盤の1つで、左エンジンからのパワーを受けてシステムに配電する機能を持つ。このパネルに問題が発生した際には、ラムエア・タービン(RAT)、補助電源装置(APU)、バッテリーなどを含むバックアップ電源が作動し、自動的に機体の操縦に支障の無い電源が確保されるように設計されている。今回の停電時にも、それらのバックアップシステムが予定通りに作動し、また機体のコントロールにも支障が無く、同機は無事に着陸している。

2010年11月24日
 出火原因はP100パネルのショートかアーク放電によるものであり、その要因となったのは異物混入の可能性が高いことが判明した。対策として電力分配機能の保護、管理を強化するために、機内電力分配パネルの設計微修正と、不具合が生じる可能性をシステム用ソフトウェアのアップデートにより低減することに。

2010年12月23日
 電力分配システムの暫定版アップデートソフトウェアをインストールし、本日よりフライトテスト4号機(ZA004)にてフライトテストを再開。フライトテストの中断期間も認証取得に向けた地上テストを継続しており、今後も量産用の機体を使用して更なる地上テストを実施する。787型機プログラム全体の新スケジュールは、今後のフライトテストの実施スケジュールが決定した段階で1月中に決定する予定。

2011年1月18日
 初号機デリバリーは本年第3四半期と発表。今回のスケジュール変更は、昨年11月のフライトテスト中に発生した問題の影響を受けたもので、新しい電力分配パネルの製造とアップデートソフトウェアの開発、それらの全機体への取り付けとインストールに要する日数を考慮したもの。さらに、認証取得に必要な期間と予備日数を加えてこの新スケジュールを決定した。787型機のフライトテストプログラムは徐々に元の状態に戻りつつあり、6機のフライトテスト機のうち4機は暫定版アップデートソフトウェアと新パネルのインストール後、地上テストを経て既にフライトテストを再開している。近日中には残りの2機もテストを再開し、テストプログラムは元の状態の戻り、フル稼働となる。2011年内の787型機のデリバリー機数は、1月26日の2010年度決算発表時に合わせて発表する予定。

 

おおまかですが、こんな感じでした。

以前の記事→でも書きましたが、従来の旅客機ではエンジンから取り出した高温の圧縮空気(ブリードエア)を使って、翼面の防氷解氷、空気圧アクチュエータの駆動、客室内の圧力保持などを行うのが一般的でした。787ではこうしたことを電気システムで行う「ノンブリード方式」に変更しました。要するに「すんごい電気使うヒコーキ」ということです。そのために同規模のヒコーキ(B767)と比較して4倍強の発電機(B767:合計240kVA、B787:合計1,000kVA)を搭載しています。今回の事故は変革した目玉部分に関係するものなのかもしれません。

もうこれ以上大きなトラブルなく無事にデリバリーの日を迎えて欲しいのですが。。。
コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 16

Takashi

火災発生ですか...ちょっとビックリしますね。
安全な機体が無事にデリバリーされるのを願います。
by Takashi (2011-01-21 12:12) 

sak

いろいろトラブルが出てきますね
早く就航してほしいけど
なんだか乗るの少し不安になってきたり...
時間かけていいから
安心しできる状態で就航してくれること
祈ってます
by sak (2011-01-21 17:57) 

an-kazu

営業開始前に、トラブルは出尽くして欲しいですね!
by an-kazu (2011-01-21 22:01) 

miffy

いつになったら乗れるのかな~
安全第一ですが早く乗ってみたいです。
by miffy (2011-01-21 23:35) 

tooshiba

うちがこの前記事にしたときには、ボーイングに詳しい方(?)が「だめぽ」と言ってました。
会社の体質が~とか、某国に分業を依頼したパーツが~とか。(我が国ではありません。)

“ボーイング時間”(度重なる約束破り)には。
もはや、怒りを通り越して、おおかた諦めての境地に達しております。「本当にリリースされるのかしら?」って。
それとは関係ないかもしれませんが、全日空の株価は低迷したままだし。
色々、諦めの気持ち。(´Д`)ハァ…

http://tooshiba.blog.so-net.ne.jp/2011-01-05-3
by tooshiba (2011-01-22 05:15) 

鹿児島のこういち

新型機の販売は、安全第一でお願いしたいですからねぇ、ピザ屋のデリバリーじゃないんだから、髪の毛が入ってましたか、申し訳ありませんって訳にはいかないですからねぇ(-.-)
産みの苦しみってやつですかf^_^;
by 鹿児島のこういち (2011-01-22 07:01) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。

■Takashiさん
火災は怖いですよね。仰る通り安全な機体がデリバリーされて欲しいですね。

■sakさん
sakさんはすんごい回数乗ることになりそうですから切実ですよね。
安全な機体に仕上がって欲しいですね。

■an-kazuさん
そうですね~。
膿は出し尽くした! と自信を持って送り出して欲しいです。

■miffyさん
ホント、いつになったら乗れるでしょうか。。。
「安全第一ですが早く乗ってみたい」
関係者すべての思いでしょうね。

■tooshibaさん
リンク先のコメント拝見しました。
個人的には「?」という部分もありますが、2ちゃん等によく登場する代表的な悲観論ですね。
オイラには知る由もないことばかりですが、こうはならないことを祈ります。

■鹿児島のこういちさん
ホント、間違いがあったら洒落になりませんからね~。
まさに産みの苦しみですね。
by とり (2011-01-22 09:35) 

me-co

おはようございます。787、初飛行以来チェックしていなかったので、この「とり」まとめには感謝しております。
それにしても、電気系統の不具合による火災は心配です=致命傷になりかねないですね。スイス航空MD11墜落事故を思い出します。
ま、そこは十分想定して造るんでしょう!
by me-co (2011-01-22 09:46) 

セバスちゃん

お久しぶりです。あけまして・・・(省略)
787いよいよって感じになって来ましたね、楽しみです。
今年も楽しく、そしてマニアックなとりさんの記事?
期待してます。
by セバスちゃん (2011-01-22 10:48) 

おろ・おろし

787、もう待ちくたびれて、どうでもよくなった感じです。

やっぱりボーイング社の社長を、
国会で、証人喚問ですね。

どれだけ、日本の部品メーカーが迷惑していることかっ! てね。

ボーイング社さんにお詫びの気持ちがあれば、
ANAに導入した機体、最初の一年間、無料搭乗券サービスでも
考えてほしい・・・。
by おろ・おろし (2011-01-22 17:59) 

雅

お久しぶりです。
787、もうこれ以上の遅延はして欲しくないですが、まだもうひと波乱はありそうな気がする。
ま、納入されても羽田₋那覇便には使わないでしょうから、乗れるのは当分先のことでしょうけどね。
by (2011-01-22 19:50) 

ジョルノ飛曹長

新型は楽しみですねー。
でも最近出張が減って、飛行機にはほとんど乗らなくなっちゃいました。
ANAのマイル、使うことは無さそうです。
by ジョルノ飛曹長 (2011-01-22 22:18) 

鹿児島のこういち

昨日、1月22日、午後2時37分にH2Bロケットにコウノトリが搭載され打ち上げられました!
鹿児島は一昨日までのどんよりした天気とは打って変わって、雲一つ無い良い天気。自分が仕事をしていた鹿児島市の現場からも大空へ上がって行くロケットが昼間にもかかわらず、最後まで確認出来たのでした。
余りに天気が良すぎたせいで携帯の動画は、露出オーバー、はっきり写せなかったのは残念でしたがf^_^;
今回の打ち上げ成功により、H2Aと合わせ19回の連続成功になります。

機体の大半を燃料で占めるロケットと、旅客機と比較するのは、無理があるかも知れないですが、日本のロケットも機体が新しくなるたびに、燃焼実験失敗、打ち上げ失敗がありました。
有人宇宙船ではないので、搭乗員死亡などという事故にはつながってはいませんが、旅客機である787には、最初から完璧であって欲しいものです(^O^)

この連続成功にJAXAもHTV-R構想から、有人宇宙船への道筋をつけたいと意欲を見せてるようです。
人工衛星「大隅」の成功より、やっとここまでたどり着いたかと感慨ひとしおです(^O^)
僕が打ち上げる訳じゃないんですけどねf^_^;f^_^;f^_^;
by 鹿児島のこういち (2011-01-23 07:11) 

とり

■me-coさん
おはようございます。
>「とり」まとめ
つ座布団^^
火災怖いですね。安全なヒコーキに仕上がって欲しいです。

■セバスちゃんさん
こちらこそ今年もどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m
オイラもセバスちゃんさんのお酒にまつわる記事を楽しみにしております^^

■おろ・おろしさん
>無料搭乗券サービス
それは是非とも実現して欲しいところですね^^
ともかく一日も早く無事にデリバリーして欲しいです。

■雅さん
こちらこそご無沙汰しておりました。
チェック項目はまだまだ残ってますからね。
もう一波乱というのは十分あり得ます。
どうなりますか。。。

■ジョルノ飛曹長さん
相当お忙しそうですね。
どうぞお体に気を付けてください。
オイラも去年は結局一度もヒコーキに乗りませんでした。

■鹿児島のこういちさん
一日延期でしたけど無事上がりましたね。ニコニコ生放送で見てましたよ^^
ナマでご覧になったのですね。う、羨ましい。
無事にISSへのお届け物完了して欲しいです。そこから先の夢も広がりますね。
by とり (2011-01-23 07:37) 

OILMAN

こんにちは。
いよいよ今年デビューの予定ですか。
予定通りだといいですね。
そして広島便にも使われることを期待したいです。
by OILMAN (2011-01-23 19:47) 

とり

■OILMANさん
お返事が遅くなって申し訳ありません。
コメントありがとうございました。
by とり (2014-02-20 19:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0