So-net無料ブログ作成

旧小倉陸軍造兵廠の防空監視哨 [├場所]

  2011年5月訪問 最終更新日:2017/6/19   


無題0.png
1947年3月の写真(USA M122 78) 
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成) 

前記事の「小倉北区魚町の防空監視哨」 の西側、紫川の対岸にあった「小倉陸軍造兵廠」。

昭和8年から昭和20年まであった、作業員約4万人を擁する西日本最大の兵器工場でした。

そしてその遺構がいくつか残されています。

D20_0050.jpg

「健和看護学院」の建物南側に沿って遺構が展示されており、説明版がありました。

上の写真、見難くて申し訳ないのですが、手前から監視哨、造兵廠記念碑、給水塔レプリカです。

給水塔のレプリカについてですが、大手町公園の西側の丘の上に高さ14mの給水塔が設けられていたのですが、

平成7年に解体されのだそうです。

「小倉造兵廠跡」(全文)
大正12年(1923)の関東大震災により、わが国の兵器生産機能を大阪と二分していた陸軍造兵廠東京工廠は壊滅しました。震災復興より新設したほうが経済的なことから、当時の大陸政策も考慮し、関門が大陸の進出基地としての地政学的意義を負うことにより、昭和2年(1927)10年24日、小倉に工廠設置が決定し、同8年(1933)10月正式に発足しました。設置場所は、旧城内ならびに隣接の民有地2万300坪を買収し、敷地面積17万6581坪でした。小倉工廠は当時の最新機械で装備され、就業者は普通工、臨時工を合わせて約4万人を数えたといわれています。昭和10年(1935)には、東京工廠からの移転が完了し、間もなく日中戦争に突入したことにより、操業は増大していきました。兵器生産の大工場が都心部を占めることによって、小倉は軍隊の駐屯地を兼ねる軍需都市となり、大陸に向けての補給基地としての機能を拡充していきました。昭和15年(1940)4月、陸軍造兵廠が陸軍兵器本部に改組され、小倉工廠は小倉造兵廠に改称し、兵器本部の直属となりました。

D20_0052.jpg

旧小倉陸軍造兵廠「防空監視哨」(全文)
この監視哨は、戦時中、空襲に備えるために、旧小倉陸軍造幣廠内の各所に設置されていたものの一つで、第一施工場の屋上にあったものです。(この場所から北側約400mの北九州市消防局庁舎附近)高さ約2.3㍍、直径約2.4㍍、コンクリート製の壁
の厚さは、33㌢の六角形の塔で、側面には、監視用の小窓が5ヶ所あり、機関砲を備えていました。民間の倉庫として使われていた旧第一施工場が、平成8年(1996年)2月に解体される際、当時を物語る施設の一部として残されたものです。北九州市

D20_0047.jpg

事前に響さんの記事 を拝見していて、是非見てみたかった「壁に塗り込まれた階段」。

近くのマンションの駐車場一角にあります。これも造兵廠の名残だそうです。

D20_0063.jpg

跡地内に整備された勝山公園内にこんなものもあります。

長崎に投下された原爆は、本当は造兵廠があった当地小倉が第一目標地点でした。

ところが当日小倉上空の視界がきかず、第二目標の長崎に投下されたのでした。

「九州の戦争遺跡」によれば、なぜ原爆まで使用して、小倉市街もろとも造兵廠を壊滅しようとしたかについて、

「北九州平和資料館をつくる会」の話として、小倉陸軍造兵廠ではアメリカ本土まで飛来して被害を与えた、

「風船爆弾」の材料を作っており、これに毒ガスや細菌兵器を取り付けて攻撃されることをアメリカが恐れていたためであった。

としているのだそうです。

      福岡県・旧小倉陸軍造兵廠の防空監視哨      

旧小倉陸軍造兵廠の防空監視哨 データ

所在地:福岡県‎北九州市‎小倉北区‎大手町‎
座 標:N33°52′30″E130°52′16″
*座標はグーグルアースにて算出

関連サイト:
Wiki/小倉陸軍造兵廠   
ブログ内関連記事       

この記事の資料:
「九州の戦争遺跡」


コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 13

Takashi

とりさんのブログでいくつか防空監視哨を見てきましたが、小屋風の建物からトーチカ風までいろんな形があるんですね。
by Takashi (2011-08-07 10:24) 

響

再開発が進むエリアですが
なんとか残ってる遺構なのでこれからも頑張ってもらいたいです。
階段も駐車場で隠れてるのによく発見できましたね。
さすがです。

by (2011-08-07 10:33) 

me-co

屋上からこれを下ろすのに・・・
相当養生しなければならない=費用がかかることだと思いますが、よくやりましたねー@@
福岡は行ったことが無い所ですが、こういったことで何となく気風が窺い知れます。
by me-co (2011-08-07 11:37) 

雅

震災復興より新設したほうが経済的、って今回の震災でそんなことやったら大問題ですね。
by (2011-08-07 20:34) 

miffy

これって病院の敷地内にあるものですよね。
これも見たことがあったけど全然意識したことなかったです。
階段は知りませんでした。
今度行ったら探してみよう〜っと・・・
by miffy (2011-08-07 21:28) 

guchi

東京vs大阪 う~ん 野球、経済、色々
(実はそこに京都の存在も....)
何故か最近観た、「プリンセス・トヨトミ」
を思い出してしまいました....
by guchi (2011-08-08 00:24) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。

■Takashiさん
確かにいろんな形があるのですね~。

■響さん
この度はリンク許可ありがとうございましたm(_ _)m
階段発見できたのは響さんのおかげです。
そうでなければ絶対見逃してましたから。

■me-coさん
そこまで考えませんでしたが確かにそうですね。
仰る通り、「気風」なんでしょうね。

■雅さん
郷土愛ってすごいものがありますからね。
オイラも根っこは完全に沖縄にあります。
雅さんとは丁度逆になると思います^^
その一方で、汚染地区、再び津波の恐れのある地区等、合理的な判断が求められる場合があり、
壊滅地区に点在していた小規模港湾施設の集約化プランなんてものもあるそうです。
ともかく被災者の方の心情を第一に復興が進んで欲しいですね。

■miffyさん
>敷地内
はいそうです。
階段はインパクトありました。
機会がありましたら是非。

■guchiさん
>「プリンセス・トヨトミ」
ご覧になりましたか。気になっているんですけど面白かったですか?
>東京vs大阪
確かにいろいろありますね。
ヒコーキ関係だと航空局も^^
by とり (2011-08-08 06:34) 

tooshiba

軍需工場があちこちにあったのですね。そしてそれらは、敵の爆撃の格好の標的になり、勤労動員されていた若い命が奪われたことも多かったと思います。
(合掌)
原爆投下の日に続いて、終戦記念日も近いですね。
by tooshiba (2011-08-08 18:02) 

guchi

プリンセス・トヨトミ
自分は残念ながら後半ダレました。
by guchi (2011-08-08 21:36) 

とり

■tooshibaさん
今年もそういうことについて考える季節になりましたね~。

■guchiさん
感想ありがとうございます。
後半ダレましたか^^;
by とり (2011-08-09 05:44) 

鹿児島のこういち

小倉にはまだ足を運んだ事がないので、一度は行きたいです。
階段の断面は切断されてたみたいですか?それとも元々そのような形になってるように見えましたか?
もしかしたら、階段の断面に合わせて木造の階段が当時はあったかもしれません(^O^)
壁、スラブがコンクリートでスラブに階段開口を造り、仕上げで木造の階段をそなえるやり方です。
階段を上がりきった所は、壁に踊場が飲み込まれているように見えますから、まだ続きがあるんでしょうね(^O^)
写真の防空監視哨の形って、昔の戦争漫画や怪獣映画によく出てきませんでしたっけ?例えば「のらくろ」とか「ゴジラ」とかf^_^;記憶違いかなぁf^_^;
by 鹿児島のこういち (2011-08-09 05:51) 

sak

そっかぁ...
長崎の原爆...当初の予定は小倉だったのですよね
あの日、日本中全部が雲に覆われて
全ての街の視界が悪ければ...って
でも現実は変えられないけど...
もう二度と原爆が使用されないことを心から願います
by sak (2011-08-09 10:47) 

とり

■鹿児島のこういちさん
>断面
すみません。そういう目で見てなかったので。というか、そういう発想がありませんでした。
改めてそういう目で写真を見直してみると、素人目には断面は非常にキレイで、元々そうなっていたように見えるのですが。。。
>昔の戦争漫画や怪獣映画
あ~、オイラはそういう漫画みてないです^^;

■sakさん
>日本中全部が
本当ですね~。
二度とこんなことが起きませんように。
by とり (2011-08-14 19:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0