So-net無料ブログ作成

沖縄旅行・3 [■旅行記]

無題1.png

4:55 起床

6:05 出発。昨日は9:10 出港の船で与論島に行きました。しかも30分前までに手続きしないといけなかったのですが、

本日は10:30 出港の船でまず伊是名島に行きます。村営のフェリーなのですが、10分前までに乗船すればよく、

時間に余裕があります。それでまずは沖縄本島最北端の地、辺戸岬に向かうことにしたのでした。

7:05 辺戸岬到着。日の出13分前。やうやう白くなりゆく山ぎはでした。 

 

D20_0195.jpg

 

D20_0200.jpg

 

D20_0210.jpg

 

D20_0211.jpg

 

D20_0004.jpg

ということで7:45 辺戸岬を後にして、奥間飛行場跡地に向かいました。

…が、途中で道路標識がたくさんあったので撮影。

沖縄はYナンバーの車が多いので、標識に英語表記もあり、走ってて気になっていたのです。

 

D20_0010.jpg

 

D20_0012.jpg

 

D20_0013.jpg

 

D20_0015.jpg

 

D20_0016.jpg

 

D20_0017.jpg

 

D20_0018.jpg

 

D20_0019.jpg

 

D20_0020.jpg

 

D20_0021.jpg

 

D20_0022.jpg

 

D20_0023.jpg

ということで、途中奥間飛行場跡地を見学後、9:15 運天港着。

運天港は、昨日与論島に行くために利用した本部港と、本部半島をまたいで反対側にあります。

本日は、まず伊是名島に行って、またここに戻って来ます。

その後すかさずその北にある伊平屋島に行きます。

そうすると時間的にもうここに戻る船がないため、本日は伊平屋島に泊まります。

そのため明日の10:20 にここに戻って来るまで車を置いておく必要があります。

…独自調査の結果、この港には無料駐車場がないことが判明。

港の前に1泊500円の駐車場があるのでそこに入れました。

出港まであと1時間以上あるので、駐車場に車を停め、のんびり泊りの準備。

実は昨晩洗濯をしたわけなのですが、イマイチ乾きませんでした。

今朝チェックアウトしたので、そのまま部屋に置いておくわけにもいかず、生乾きのまま持って来たのでした。

乾かなかった分を後部座席、荷物室に干しておくことに。

9:50 通り雨が止んだところで、駐車場の受付に行くと、既にナンバー記入済みの引換証が出来ていましたΣ

カギを預け、ターミナルで手続きを済ませて乗船。

この船は事前予約不可なのですが、この時期はそんな混まないとのことで、ほどほどの入りでした。

 

D20_0083.jpg

伊是名村営フェリー、ニューいぜな。

 

D20_0033.jpg

 

D20_0040.jpg

予定通り10:30 出港でした。

 

D20_0041.jpg

前方に見えているのは、(晴れていれば)超美しい古宇利大橋。

晴れたら是非行こうと思っていたのですが、残念ながら今回の旅行ではお天気に恵まれませんでした。

11:30 伊是名仲田港着。

結構揺れました。ちょっと酔っちゃいました。うぅ、きもちわるい~ _| ̄|○ il||li

この島での滞在時間は2時間。目指す飛行場は約5km先なので、港の目の前にあるレンタサイクルを利用することに。

日帰り700円でした。「奥に並んでいる中から好きなの選んでください」とのことだったので勝手に選ばせてもらいました。

 

D20_0060.jpg

 

D20_0064.jpg

港を出てすぐのところにそば屋さんがあったのでちょっと食べようかと思ったのですが、

寄ってみたら、すんごい濃いィ海の漢たちで溢れ返っていたのでスルー。

プリントアウトした島の地図を持参していて、県道を利用して飛行場に行くつもりだったのですが、

「飛行場→」という標識があったので、県道をそれてそちらの道へ。

…程なく迷いますた。。。 _| ̄|○ il||li

出発時に太陽の方向を確認していたのですが、その後空は分厚い雲に覆われ、太陽がどこにあるかもよくわからない。(;´Д⊂)

自分がどこにいるのか、どこに向かっているのかさっぱり分かりません。

標識はなく、サトウキビ畑が広がり、道路は起伏があって、自転車を押して信じる方へ歩きました。

もー疲れた。長い下り坂はしゅーっと気持ちいいのですが、帰りのことを考えるとコワイです。

港を出発してから30分後、なんかどっかの海岸に出ました。

標識も目印もなく、地図を見ても分からないのですが、山と海岸線で「多分この辺??」という場所を出しました。

オイラの推測が合っていれば、予定していた針路より東にズレてます。

ということで海岸線に沿って西に進むことにしたのでした。

12:20 港を出てから40分後、どうにか飛行場に辿り着きました。

出港まであと1時間10分です。帰りも道に迷ってしまうかもしれず、もー足が棒のようで、確実に行きより遅くしか漕げません。

ということで一刻の猶予もありません。

やっぱり港の近くでそば食べてる場合じゃなかった。

カロリーメイト(のようなもの)を食べ、水を飲み、急いで写真を撮り、

12:27 飛行場を後にしました。出港まであと1時間3分です。(゚Д゚;≡;゚Д゚)

気が焦るばかりで自転車は遅々として進まず。。。

飛行場から港に向かう途中に役場があるのですが、出発して程なく「役場→」という標識があったのでそちらに進むことに。

「飛行場→」という標識はすぐ無くなってしまったのですが、役場の標識はそここで目にしたので大丈夫です。多分。

そして12:45 なんともあっけなく港の近くに着きました。

出港まであと45分もあります。

行きで見つけたそば屋に寄ってみると、さっきの濃いィ漢たちが長椅子を全て占領してぐーぐー寝てました。

そばは諦めて大人しく港に向かうことに。

 

D20_0067.jpg

↑画面左端の白い建物がレンタカー、レンタサイクル屋さん。

 

D20_0072.jpg

元気ですカー!

 

13:30 出港。伊是名島を後にしました。一時はどうなることかと思いましたが、無事飛行場を撮れてよかった~。

この戻りの船の中で、今晩宿泊予約を入れていたホテルのオバーから連絡が入りました。

「観光ですか? だったらすぐ暗くなるから、まず観光をして、夜になってからホテルに来たらいいですよ」とのことでした。

今回の旅行中、離島に行くために何度か船に乗りましたが、航行中でもずっとアンテナ3本立ってました。

ずっとアンテナを見詰めていたわけではないですけども。auですけども。

14:30 運天港着。本島に戻って来ました。

今度は30分後に出港の船で伊平屋島に行きます。 

伊是名行と同じターミナル内で手続き。

 

D20_0075.jpg

こちらも事前予約不可ですが、無事ゲットしました。

 

D20_0077.jpg

 

D20_0079.jpg

 

D20_0080.jpg

15:00 運天港出港。

 

D20_0084.jpg

16:20 伊平屋島 前泊港着。

港のすぐ前にあるレンタカーで車を借りることに。

…と思ったのですが、閉まっています。

連絡をしてみると、「すぐ行きます」とのことで、ほどなくやって来ました。

手続きを済ませ、出発。

この島には飛行場建設予定地と、米軍が建設した飛行場の跡地があります。

カーナビ無しなので、地図を頼りに場所を探し、無事撮影終了。

途中、スーパーでパン購入。もぐもぐ。

すっかり薄暗くなってきたのでホテルに向かいました。

 

D20_0097.jpg

 

D20_0098.jpg

ホテル。

自室にバストイレ付だったので早速お風呂に入ったのですが、お湯が出なかったので、共同風呂場へ。

風呂から上がってオリオンビール。

時間忘れたけど寝る。

おやすみなさい。

 

本日の走行距離:105km

(続きます)


コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 11

tooshiba

>すんごい濃いィ海の漢たちで溢れ返っていたのでスルー
>濃いィ漢たちが長椅子を全て占領してぐーぐー寝てました

とり兄さんならば、完全アウェイではないような気がしますが、“地元民の憩いの場を荒らす”のは避けて賢明だったかもしれませんね。

>長い下り坂はしゅーっと気持ちいいのですが、帰りのことを考えるとコワイ
高揚感の中に冷静さを忘れない兄さん(・∀・)イイヨイイヨ!!
by tooshiba (2012-05-16 16:46) 

Takashi

ちょっとした英語の勉強になりましたっ!
Thank You!
by Takashi (2012-05-16 19:57) 

鹿児島のこういち

株式会社太名嘉組って浦添市の土木会社なんですね。なかなかいい工事看板を掲げてますね(^o^)オカガニ注意やヤンバルクイナなどナイスです!
台風の日に海に行けば海がきばをむくって看板も、凄いですな(^_^;)風が強いとサーフィンする困った人達向けの看板なんでしょうか?(^^ゞ
古宇利大橋は残念でしたね、次回をお楽しみって事でしょうか(^o^)
by 鹿児島のこういち (2012-05-16 21:04) 

an-kazu

一旦戻ってこないとダメなんですね・・・(;´д`)トホホ…
by an-kazu (2012-05-16 22:34) 

miffy

すんごい濃いお兄さんたちと一緒におそば食べて欲しかったです。
沖縄の人は優しいから話をしたら空港まで案内してくれたかも・・・
by miffy (2012-05-17 20:47) 

me-co

環境協力税=100円とは随分と良心的ですね^^;
某地方公共団体なら、「高っ!」ってくらい取ったりしますよ。
by me-co (2012-05-17 22:03) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。m(_ _)m

■tooshibaさん
>地元民の憩いの場
こういう所に分け入って行ける度量と、
嫌がられない愛嬌があればいいんですけどね~。ブログ的にも。^^;
>冷静さ
な、なんて善意の解釈(*´∀`*)ポッ

■Takashiさん
オイラも、「こういう風に表現するのか~」と勉強になりました。φ(..)メモメモ
単語知っててもダメですね。単語もほとんど知らないですけど。

■鹿児島のこういちさん
浦添市なんですか!
やっぱり同業は気になるのでしょうか^^
工事看板のイラストに手塚治虫プロダクションを採用しているものを時々見ますが、
ああいうのって、建設会社の社長さんの趣味で決めたりするのでしょうか??

■an-kazuさん
凄く勿体ない動きですよね~。
ところが自宅に戻ってから、両方の島の間に渡し船があることに気が付いたのでした。
渡し船利用してればブログ的にもおいしかったんですけどね~。とほほ。_| ̄|○ il||li

■miffyさん
そういうことが出来れば、一味も二味も違った旅になるんでしょうね~。

■me-coさん
これは良心的な金額なんですか。
オイラこういうの払ったことなかったので、
「え~、取るの~」なんて思ってました^^;
by とり (2012-05-18 06:56) 

鹿児島のこういち

工事看板や安全標識とか、趣味とかで選ぶって事はほとんどないでしょう。個人経営のごく一部の建設業の方だけではないでしょうか?(^^ゞ
会社が以前から付き合いをしてる、安全標識等を取り扱ってる会社がどのような商品を扱ってるかだと思いますよ。(^^ゞ付き合いの長い会社の方が単価的に安いでしょうから(^_^;)
by 鹿児島のこういち (2012-05-18 11:13) 

とり

■鹿児島のこういちさん
そういうものなのですか。
手塚さんの看板を見かけると、「お、この会社の社長さんは手塚ファンだったのかしらん」
などと考えてました^^;
教えて下さりどうもありがとうございました。m(_ _)m
by とり (2012-05-21 06:38) 

pica

海の濃ゆ~い漢たちは、おそば屋さんで寝てた??
一歩間違うと営業妨害のよーな気もするけど、このお店は
きっとテリトリーなんでしょうね( ̄ー ̄)b

カニの横断…日本でも、そんな場所があるんだぁ。
by pica (2012-05-21 20:06) 

とり

■picaさん
オイラも、多分常連さんたちなんだと思います^^
カニ…そうですね~。
残念ながらオイラは見てません。
by とり (2012-05-23 18:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0