So-net無料ブログ作成

船橋飛行場跡地(二代目) [├空港]

  2012年7月 訪問 

船橋二代目.png

前記事の通り、船橋ヘルスセンターに遊覧飛行用の「船橋飛行場(初代)」が造られたのですが、

その後ヘルスセンターの拡張(人工ビーチの新設)と船橋サーキットの新設に伴い、移転しました。

上の地図にある通り、初代飛行場の離陸/着陸コースは隣接する競馬場の直上であり、

競馬場側からの苦情もあったのだそうです ^^;

初代は転圧式の簡易なものでしたが、移転した滑走路は舗装された700mの立派なものとなりました。

尚、「初代」とか「二代目」というのは当記事内だけの便宜的な名称ですのでご了承くださいませ。

 

船橋ヘルスセンターは最盛期には年間来場者数400万人を誇りました。

遊園地・テーマパーク年間来場者数で見ると、やはりというか、千葉県の某テーマパークが別格なのですが、

2009年度の数字では、横浜・八景島シーパラが429万人で6位にランクインしていますから、

ヘルスセンターは現在でも余裕でベスト10内に入るんじゃないでしょうか。

ところがその後、 1969年に起きたセスナ墜落事故(操縦者は死亡、乗客だったカップルは重傷だったらしい)が引き金となり

船橋飛行場は閉鎖されてしまいます。

せっかく新設した舗装滑走路でしたが、僅か4年しか使用しなかったことになります。

遊覧飛行の運航を担当していたのは中央航空だったのですが、事故発生と同じ年に開設された茨城県の「竜ヶ崎飛行場」に

移転しました。

船橋ヘルスセンターもその後衰退の一途をたどり、地盤沈下防止のため温泉の汲み上げが禁止されたことが致命的となり、

1977年に22年の歴史を閉じました。

 

D20_0075.jpg

A地点。ららぽーと屋上駐車場から。

車の走る道路、そしてIKEAの敷地にかかるように滑走路が伸びていたはずです。 

滑走路はららぽーとのすぐ手前まで来ていました。

今となっては考えられない場所に滑走路があったのですね。

 

船橋飛行場跡地(二代目):map 


      千葉県・船橋飛行場跡地(二代目)      

船橋飛行場(二代目) データ

所在地:千葉県‎船橋市‎浜町‎2丁目‎
座 標:N35°40′51″E139°59′28″
滑走路:700m
磁方位:18/36
*座標、滑走路長、磁方位はグーグルアースにて算出

沿革
1965年07月 船橋飛行場(二代目)完成
1969年     墜落事故により飛行場閉鎖。中央航空は竜ヶ崎飛行場に移転。飛行場跡地はゴルフ場として利用される
1981年04月 ららぽーと開業
1993年07月 ザウス開業
2002年09月 ザウス閉鎖
2006年04月 イケヤ開業

関連サイト:
Wiki/船橋飛行場   
国土地理院 1966年8月当時の写真(MKT664 C9 13) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック)
  (初代の滑走路が跡形もなくなり、二代目が写ってます)  
ブログ内関連記事       


トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

トラックバック 0