So-net無料ブログ作成

古河航空機乗員養成所(岡郷/小堤/関戸の飛行場)跡地 [├空港]

  2011年10月 訪問 

D20_0310.jpg

茨城県‎古河市‎にあった「古河航空機乗員養成所」。

東北本線古河駅の西北西約4kmにありました。

逓信省の陸軍系養成所で、後に 「宇都宮陸軍飛行学校古河分校」が併設されました。

現在跡地は方形の工業団地になっており、真ん中に「丘里公園」があります。

上の写真はその公園です。

現在も跡地南側に地名が残っていますが、旧岡郷村小堤地区、関戸地区にあったため、「岡郷の飛行場」、「小堤の飛行場」、「関戸飛行場」とも呼ばれていたそうです。

 

古河航空機乗員養成所:map   


      茨城県・古河航空機乗員養成所(岡郷/小堤/関戸の飛行場)跡地      

古河航空機乗員養成所 データ

設置管理者:旧逓信省
空港種別:陸上飛行場
所在地:茨城県‎古河市‎丘里‎
座 標:N36°11′55″E139°45′20″
着陸帯:1,000m×1,000m
*座標はグーグルアースにて算出

沿革
1944年04月 宇都宮陸軍飛行学校古河分校併設
1945年08月 終戦により閉校

関連サイト: 
国土地理院 1941年5月当時の写真(C65-C2-1)(真ん中下の方に写ってます。現役当時の写真!)  
(■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)   
ブログ内関連記事       


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 2

おにぎり

興味深く拝見しました。この飛行場跡地のすぐ近所に住んでいました。30年くらい前までは、小堤小学校のすぐ西側はまだ空き地で、一面が当時のままと思われる砂利混じりのコンクリートでした。また飛行場北側(関東合成という会社の敷地になっていました)にも、当時からの木造の建物がいくつかありました。当時小学生だった叔父は飛行場に来襲した米軍機の中にコルセア(羽の曲がった戦闘機)がいたことを覚えており、また、終戦直後に駐機されていた零戦の風防を壊しプレキシガラスの破片を燃やして遊んだり、消しゴム代わり使うため零戦の尾輪のタイヤを外して持ち帰ったりしていたそうです(タイヤは今もあります)。
by おにぎり (2018-12-15 09:43) 

とり

■おにぎりさん
>30年くらい前までは
少し前まで残っていたんですね~
それにしてもなんてやんちゃな叔父様^^
きっと当時は皆さんそんな感じだったんでしょうね。
貴重なお話をありがとうございました。
by とり (2018-12-16 04:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0