So-net無料ブログ作成

鯖江不時着場跡地 [├場所]

   2011年10月、2018年5月訪問 2018/5/19更新  

無題l.png
1948年10月(USA M1184-A 116)  
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成)

福井県‎鯖江市にある‎丸山公園。

かつてこの周辺は旧陸軍歩兵第36連隊の鯖江練兵場でした。

そしてちょうど丸山公園の付近に「鯖江不時着場」がありました。

上のグーグルマップは、「航空路資料 第4 昭10-1 中部地方不時著陸場」(1934年5月調)から作図しました。

とっかかりが無くて精度に自信ないんですが、大体こんな感じと思います。

2本の滑走路がX字に交差する形状となっていて、

資料には、北西~南東方向の滑走路が(1)、 北東~南西方向の方が(2)と番号が付いています。

一方、防衛研究所収蔵資料:「航空路資料第4 中部地方飛行場及不時着陸場 昭和19.6 水路部」

の中にも当不時着陸場の付図があるのですが、そこには(2)北東~南西方向の1本の滑走路しか描かれていません。

1934年には2本だったものが、1944年には1本に減っている訳です。

付図を見ると、元滑走路があった部分には、特に何かか建設されたという形跡はなく、

単に滑走路としての設定が外されたようです。

こういうパターンもあるんですね。

まあ元々飛行場ではなく演習場ですからね。

 

DSC_0120.jpg
(1)北西~南東方向の滑走路は、画面右側から奥に向かって伸びていたはずです。

DSC_0119.jpg (2)北東~南西方向の滑走路は、ここから奥に向かって伸びていたはず。


      福井県・鯖江不時着場跡地      

鯖江不時着場 データ

設置管理者:旧陸軍
空港種別:不時着場
所在地:福井県‎鯖江市‎丸山町‎4丁目‎
座 標:N35°58′57″E136°10′44″
標 高:15m
滑走路:
(1)550mx100m(13/31)
(2)450mx100m(04/22)
(座標と方位はグーグルアースから、標高、滑走路長さは「航空路資料 第4 昭10-1 中部地方不時著陸場」から)

沿革
1896年 連隊本部設置
1933年 陸軍演習の際、参加した陸軍機、新聞各社の機体の離着陸に使用される
1934年 5月頃は滑走路2本
1944年 6月頃は滑走路1本

関連サイト: 
「航空路資料 第4 昭10-1 中部地方不時著陸場」  
ブログ内関連記事       

この記事の資料:
防衛研究所収蔵資料:「航空路資料第4 中部地方飛行場及不時着陸場 昭和19.6 水路部」


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 2

tooshiba

>地元図書館の資料
兄さんが地道な現地取材をなさっている様子(刑事張りに足で稼ぐ)に、頭が下がります。m(_ _)m
by tooshiba (2012-03-05 11:45) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。

■tooshibaさん
いえいえ。単なるモノズキなだけですから^^;
by とり (2012-03-06 05:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0