So-net無料ブログ作成

下館陸軍飛行場跡地 [├空港]

   2011年10月訪問 2019/1/31更新  


無題.png
撮影年月日1946/06/08(USA M159-A-5 85) 
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成)

 

茨城県‎筑西市‎にあった旧陸軍の「下館陸軍飛行場」。

前記事の「関城ULP飛行場」の東北東約4kmにあります。

防衛研究所収蔵資料:陸軍航空基地資料 第1 本州、九州 昭19.1 水路部 の中に当飛行場の地図があり、

先頭のグーグルマップはこの地図から作図しました。

地図の通りに作図したのが薄紫の部分。

南側はその後拡張したのではないかと。

同資料の情報を以下引用させて頂きます。

「下館陸軍飛行場 茨城県真壁郡黒子村 36°16′0N 139°57′5E」

面積 南北1,380米 東西1,200米 
地面の状況 概ね平坦なるも北東-南西に向け1/250乃至1/400の下り傾斜を為す、硬度は普通なるも降雨後排水稍不良に
して北東及東側の一部は軟弱と為る
目標 (記載なし)  
障碍物 (記載なし)  
離着陸特殊操縦法 離着陸方向は南又は北を可とす
格納設備 格納庫 鉄造(42x50米)1棟 木造(38x22米)3棟、(40x30米)2棟
照明設備 (記載なし) 
通信設備 (記載なし)  
観測設備 (記載なし)  
給油設備 (記載なし)  
修理設備 (記載なし)  
宿泊設備 (記載なし)  
地方風 年最多風向は北北西風なり
地方特殊の気象 特記事項なし
交通関係 飛行場前駅(常磐線)1粁 下館駅(水戸線)5.5粁
其の他 (記載なし)  
(昭和18年4月調)
 

交通関係の項目に、「飛行場前駅(常磐線)1粁」とあります。

常磐線にこんな駅があったんですね。

一体ドコにあったのか、はたまた現在ある駅が当時はそういう名称だったのか、と思ったのですが、

ググってみても北海道に飛ばされるばかりで分かりませんでした。

D20_0303.jpg

赤マーカー地点にある標識。

滑走路方向に立っています。

この標識と道路を含めた写真を撮ったのですが、某政治家の宣伝ポスターがどうしても一杯に入ってしまうため没に。

 

D20_0306.jpg

同じく赤マーカー地点。

恐らくこれが滑走路跡だと思うのですが。。。

 

D20_0299.jpg

青マーカー地点。

都市センター敷地内裏手に靖空神社があり、目立たない所に碑があります。

拓魂(全文) 拓者記念碑 此の土地は支那事変及大東亜戦争中旧陸軍宇都宮飛行学校下館分教場跡地である 私達は戦後食糧増産の為め昭和二十一年二月 政府より開拓者とし開拓を初め幾多の困難を克服し戦後の食糧難を克服し現在の美田となった 中山喜八郎 昭和五十八年四月二十九日建


      茨城県・下館陸軍飛行場跡地     
当地区は今でも地元の方から「飛行場」と呼ばれているのだそうです

下館陸軍行場 データ
設置管理者:旧陸軍
空港種別:陸上飛行場
所在地:茨城県‎筑西市‎藤ケ谷‎
座 標:36°16′0N 139°57′5E
滑走路:1,600m×80m
方 位:17/35
(方位はグーグルアースから)

沿革
1938年 05月 陸軍、村長に買収予定地内示。地主との買収契約
1939年 飛行学校の第六分教場として建設される
1944年 秋 迎撃基地となる。その後特攻隊出撃基地に
       終戦後は入植者の農地となる

関連サイト:
Wiki/下館飛行場   
ブログ内関連記事       

この記事の資料:
防衛研究所収蔵資料:陸軍航空基地資料 第1 本州、九州 昭19.1 水路部


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0