So-net無料ブログ作成

岩手県・燕航空部隊発祥地碑 [├場所]

  2012年9月 訪問 

無題3.png

まずは上図をご覧ください。

以前、「騎兵連隊滑走路跡地」という記事→ の中で、

「かつてこの周辺は旧陸軍騎兵第3旅団の演習地であり、公園東側に約1,500mの滑走路があったらしい」

と書きました。

そして県営運動公園東側(・A地点)の写真をアップしました。

ところがその後、・B地点に「燕航空部隊発祥地碑」というものがあることを知りました。

ネットで調べたところ、かつてここは「観武ヶ原練兵場」であり、航空機の重要性が増したため、後に航空隊も作られた。

とのことでした。

以前アップした「騎兵連隊滑走路」と、この「燕航空部隊発祥地」は同一のものなのでしょうか?

ということでお邪魔したのでした。

 

D20_0023.jpg

・B地点。

ご覧の通りで碑が幾つも設置してありました。

奥手に扉が設けてあり、合法的にフェンス内に入れるようになっていました。

 

D20_0019.jpg

まずは一番奥にある「燕航空部隊発祥地」碑。

 

D20_0021.jpg

裏面はこんな感じ。

水戸陸軍航空通信学校戦技第五期生

某サイト内で、「昭和15年 水戸南飛行場に陸軍航空通信学校が開校され 通信教育と研究を移管した
戦局の要請により昭和18年8月 明野陸軍飛行学校分校が開校 水戸校は仙台に移駐した」と記されていました。

 

向かって真中に設置されているのは「開拓の碑」でした。
 (全文)かつて、この地は観武ヶ原(みたけがはら)と呼ばれており盛岡市の青山 月が丘、みたけ地区一帯、約三百五十ヘクタールは、旧陸軍の兵舎・練兵場として使用されていた。終戦後の昭和二十年、この地区を一大食糧生産基地とする構想がたてられ、当時の引揚者や復員軍人、一般の入植希望者などを中心とした開拓団が作られた。昭和二十三年観武ヶ原開拓農業協同組合が認可され、本格的な開墾が始まり入植者数は九十九戸であった。この地は 岩手山からの火山灰に覆われた荒野で開墾当初は電気も水道もなく、朝に星を、いただき、夕べは月と共に働き、明日を夢見ての汗と涙の毎日であった。収穫らしい収穫があがったのは開拓十年目位からであったろうか。昭和三十年代後半になり開拓の歴史は一大転換期を迎え、青山地区と、みたけ地区の団地造成が始まり、都市化の兆しが見られるようになったのである。更に昭和四十五年の岩手国体誘致による公共施設の建設が拍車をかけ、大きな変貌を遂げて一大団地として生まれ変わったのである。食糧生産基地としての夢は消えたが、現在の都市化へと進展し、多くの人々の安住の地になったのも一つの歴史の流れであった。 平成十七年十月吉日 観武ヶ原開拓農業協同組合

飛行場と関係する部分は出だしのほんの短い言葉に集約されています。

青山、月が丘、みたけ地区一帯が軍用地であったと記されています。

先頭の地図で名前の出ている地名にを付けました。

大きな公園周辺もみたけ地区に含まれており、オイラが以前アップした「騎兵連隊滑走路跡地」もこの範囲に入っています。

どちらも軍用地にあった飛行場であること、どちらも同一の範囲に存在していたこと、

「時代が進むにつれて航空隊が置かれるようになった」という資料があること、

等の点から、「騎兵連隊滑走路」と「燕航空部隊」が使用したのは同一の飛行場ではないかと思いました。

ということで、今回の記事は[場所]のカテゴリーに分類し、新たな飛行場としてカウントしませんでした。

 

D20_0031.jpg

以下、飛行場場所特定とは直接関係ないのですが、向かって右側に上の大きな石碑があります。

これは元々設置されていた場所から1km移設したのだそうです。

 

D20_0035.jpg

一部色が違っていますが、これは1921年の東京〜盛岡郵便飛行の際、飛行機がこの碑にぶつかったため、

大きな傷ができ、欠けて読めなくなってしまった部分を補修した跡のようです。

びっしりと漢字が並び、あまりにも格調高くてオイラには読んでみようという気も失せる文体なのですが、

幸いなことにオイラのような者のために訳の碑も設置されています(写真左手前の碑)。

[大意]観武ヶ原命名の碑(全文)
 明治四十一年九月、工兵第二、第七、第八大隊と第八師団の歩兵が参加して岩手県の岩手山南麓地方で特別工兵演習が行われた。そのとき皇太子殿下の巡遊があり奥羽を回る途中、日を重ねて臨戦された。ありがたくもこの無名の地を、観武原と命名された。攻守の状況を親しくご覧になられた上に、このような佳い名をいただいた。将兵の栄与、村里の誉これ以上のものはない。そこで演習の総監であった、陸軍中将男爵上原勇作等この演習に参加しかかわった将士が相談して皇太子殿下が臨戦された土地に碑を建て後の世に伝えることにした。文章は有朋に依頼された。有朋は皇太子殿下のおそばでともに臨戦したことでもありこの文を謹んで書き述べた。平成十六年六月吉日 観武ヶ原開拓農業協同組合

皇太子殿下が当地で行われた演習をご覧になり、この地を観武原と命名したことを記念した碑なのですね。

如何に皇太子殿下が相手であるとはいえ、オイラにはあまりに遜り過ぎ、当地を卑下しているような印象を受けました。

これも時代なのだろうなぁと思ったのですが、

この地は元々戊辰戦争に破れたため賊軍の汚名を着せられることとなり、

盛岡藩出身者は明治新政府の中で重要なポストに就けませんでした。

また、「白河以北一山百文(白河より北の地は価値がない)」などと馬鹿にされていたのだそうで、

軍の大規模施設の誘致はそうした汚名を返上する絶好の機会と捉えられていたのだそうで、

そういう背景を持つ当時の人々にとって、皇太子殿下の視察、命名というのは

今のオイラには想像もつかないようなことだったのでしょうね。

 

尚、この訳が記された碑は右隣に元々の一部破損してしまった石碑の原文も記されていて、

そちらの分の末尾には、

「明治四十一年十二月
元師陸軍大将正二位大勲位功一級公爵
山縣有朋謹撰文竝
篆額 内大臣秘書官従六位勲五等
日高秩父敬書」

と刻まれていました。

 

燕航空部隊発祥地碑:map (画面中央に碑があります。ストリートビューにも映ってました)


      岩手県・燕航空部隊発祥地碑      

沿革

1908年 06月 工兵第八大隊盛岡移駐
       09月 皇太子殿下、当地の軍事演習視察、命名
       12月 皇太子殿下視察の記念碑建立
1909年 騎兵第三旅団新設。
       青山、月が丘、みたけ地区一帯、約350haが陸軍の兵舎・練兵場として使用される
1921年 皇太子殿下視察の記念碑に飛行機がぶつかり破損
1935年 騎兵第三旅団、満州へ移駐
1939年 盛岡陸軍予備士官学校創設
       その後も終戦までの問、歩兵独立兵団や戦車隊、通信教育隊、航空教育隊などが置かれた
1945年 終戦。一大食糧生産基地として開拓団結成される
1948年 観武ヶ原開拓農業協同組合認可。本格的な開墾始まる。入植者数99戸

関連サイト:
国土地理院 1948年5月当時の写真(USA R1431 107) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック)  
ブログ内関連記事       


コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 4

an-kazu

戊辰戦争まで遡ることになるとは・・・φ(..)メモメモ
by an-kazu (2012-11-06 22:34) 

鹿児島のこういち

陸軍の燕航空部隊と聞いたら、戦闘機の飛燕を考えたのですが戦時中は三式戦闘機と呼ばれていたので(飛燕は戦後に呼ばれた名前)こことは関係ないのかなって思っちゃいました(^^ゞ
明治の頃の皇太子殿下ですので大正天皇のことですよね。大正天皇は聡明な方で漢詩が得意な方で側近にも薦めています。ですから碑も漢文になるのだと思います。大正天皇は病気で頭の弱い人と一般世間で言われてたようですが、この噂は言論の自由がうたわれてからの話しで、どうも平和主義者で先進的な考えを持つ大正天皇が邪魔でしようがない軍部と一部の政府関係者による情報操作のようです。僕の想像ですが碑に飛行機が接触するのも陸軍飛行場での話しで、わざと接触破壊しようとしたのではないかと思ってしまってます。

by 鹿児島のこういち (2012-11-06 23:06) 

miffy

飛行機がぶつかって破損ですか・・・
どんなぶつかり方をしたのか不思議です。
by miffy (2012-11-06 23:51) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。m(_ _)m

■an-kazuさん
こんなにさかのぼる話になるとはオイラもビックリでした。

■鹿児島のこういちさん
飛燕は戦後に呼ばれた名前なのですか。知りませんでした。
他にもそういうケースはあるのでしょうか?

皇太子殿下の奥羽巡遊についての碑を故意に破壊とだけ聞くとあまりに荒唐無稽に思えるのですが、
そういう背景を考えるとあり得る話かなあと思えてきますね。
今回もまた知らない話をいろいろお聞きすることができましたm(_ _)m

■miffyさん
本当ですよね~。
こんな脆いもの、バラバラに砕け散ってしまいそうな気がするのですが。。。
という訳で、上の鹿児島のこういちさん説が浮上してくるわけですね。
by とり (2012-11-07 06:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0