So-net無料ブログ作成

館山航空基地 [├空港]

   2012年7月訪問 2018/12/30更新  

無題5.png

房総半島南端に位置する海上自衛隊「館山航空基地」。

現在は300mx45mのずんぐりした滑走路と多数のヘリパッドが並ぶ基地なのですが、

旧海軍時代からあった飛行場で、当時は1,000mの滑走路が2本ありました。

また、当時は水上機、飛行艇も使用しており、「250m滑走台現存」とのことです。

防衛研究所収蔵資料「海軍航空基地現状表 内地之部 横須賀鎮守府所管航空基地現状表(昭和二十年八月調)」
の中で、当飛行場について一部次のように記載がありました。

基地名:館山(水上陸上両用基地) 建設年:1930 飛行場長x幅 米:1000x130 1000x100 台250m一基 主要機隊数:陸小2.0 水小2.0 主任務:作戦 隧道竝ニ地下施設:居住、指揮所、電信所、燃料庫、爆弾庫、魚雷調整場、魚雷格納庫、倉庫、工業場 魚雷同時調整12本 格納庫40本 掩体:小型有蓋23 小型無蓋54 中型無蓋12

また、防衛研究所収蔵資料:5航空関係-航空基地-77 終戦時に於ける海軍飛行場一覧表 昭35.6.29調

には、「館山空開隊(S5.6.1)(昭5建)」とありました。

D20_0122.jpg

A地点。

これが滑走台跡だと思うのですが。。。

 

D20_0124.jpg

B地点。

タワーが見えました。残念ながら滑走路は視認できず。

上の地図にありますが、基地外周を反時計回りで進むと、車で沖ノ島の手前まで車で行くことができます。

ここから基地内が見下ろせないだろうかと思っていたのですが、そういう場所ではありませんでした。

 

館山航空基地:map 


      千葉県・館山航空基地      

館山航空基地 データ

設置管理者:旧海軍→防衛省
4レター:RJTE
運用時間:24時間
所在地:千葉県館山市宮城
座 標:N34°59′14″E139°49′43″
標 高:3m
滑走路:
終戦時:1,000mx130m、滑走台:800mx100m 「日本海軍航空史」(終戦時)より
現在:300m×45m
磁方位:09/27

沿革
1930年06月 建設。1日、館山海軍航空隊開隊
1945年08月 米陸軍騎兵第1師団駐留
1946年02月 米陸軍騎兵第1師団移留
1947年11月 館山航空標識所開設
1953年09月 館山航空隊開隊

関連サイト:
Wiki/館山航空基地   
国土地理院 1947年10月当時の写真(USA M583 25) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック)
ブログ内関連記事       

この記事の資料:
防衛研究所収蔵資料「海軍航空基地現状表 内地之部 横須賀鎮守府所管航空基地現状表(昭和二十年八月調)」
防衛研究所収蔵資料:5航空関係-航空基地-77 終戦時に於ける海軍飛行場一覧表 昭35.6.29調


トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

トラックバック 0